2019年03月10日

「フィールド・アシスタント・ネットワーク」春のワークキャンプを実施

 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリで毎年受け入れをしている、大学生の自然保護ボランティア団体「フィールド・アシスタント・ネットワークのワークキャンプ。夏に引き続き、今春は2月28日から3月4日までの5日間で実施しました。

 初日のオリエンテーションでは、館内の解説やタンチョウについての歴史や生態、当会のこれまでの保護活動、冬期自然採食地(以下自然採食地)の保全の取り組みについてなどをレンジャーが説明し、理解を深めてもらいました。

IMG_3406.JPG
説明後は質問が飛び交いました

 2日目は、車で釧路湿原をぐるっと1周する野外セミナーで、タンチョウの生息環境や歴史、保護活動について知ってもらいました。鶴居村内の農家の方からは、タンチョウの農業被害やタンチョウに対する想いを語ってもらうなど、学生だけでなくレンジャーにとっても貴重な話を聞く機会となりました。釧路湿原を一望できる展望台では、湿原の雄大さを肌で実感。道中は様々な種類の生きものにも出会え、学生は大興奮でした。

IMG_5020.JPG
早朝はねぐらで有名な音羽橋にてタンチョウを観察

 3日目は、タンチョウが冬期に給餌場以外で餌を食べられるよう整備してきた「自然採食地」に出向きました。現地ではタンチョウの餌場の環境を見てもらいながら、利用状況を確認するために設置しているタイマーカメラの電池交換や、雪に残ったタンチョウの足跡を探してもらいました。他の動物の痕跡もあり、様々な生きものが生息する環境を実感してもらえたようです。夜は懇親会が行われ、参加してくれた地域の方と交流を深めました。

IMG_5225.JPG
手袋を外して慎重に電池を取り換えます

 4日目は、タンチョウが給餌場とその周辺のどこを利用しているのか調べました。給餌場、牧草地や農家敷地などが見渡せる山、車での巡回、の3班に分かれて調査を開始。朝から1日野外での作業であったため、慣れない寒さで体力も奪われたようです。各地点での結果を共有してみると、タンチョウを農家敷地や排水路、河川で観察することができた、前日に現地確認した自然採食地を利用している個体がいたなどの感想があり、実際のタンチョウの利用状況をつかんでもらうことができました。

IMG.JPG
高台からタンチョウを探す学生

 最終日は、インタビューを通して活動の振り返りを行いました。学生からは、「自然環境という地域全体に関わる問題を様々な立場からの意見を踏まえ改善、解決に向け取り組むことの大変さと大切さを学んだ」「タンチョウと農家の方との軋轢を強く感じた」「懇親会ではタンチョウと関わる方との話も聞けて、タンチョウへの想いや愛情の深さを感じた」「人と人とのつながりの大切さはどんな現場でも必要なことだと学んだ」「北海道で少しでも自然を守る環境にたつことができたことが良い経験になった」など多くの感想が上がりました。

 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリは、開設時から学生ボランティアをはじめとした多くの方の支えのもと、タンチョウの保護活動に取り組むことができています。短期間で忙しい5日間ではありましたが、学生の皆さん、ありがとうございました。 
【記:田島】


IMG_3466.JPG
最後は記念撮影




posted by 野鳥保護区事業 at 16:15| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

標茶高校の授業でタンチョウガイドを実施しました

レンジャーが民間講師として授業をしている標茶高校の「自然ガイド」。23日(土)に、「自然ガイド 入門編」の2年生の受講者が、今年度最後となる2回目のタンチョウガイドを行いました。2回の授業と1回の野外セミナーを経て、今回が授業の集大成。2人1組のペアで自分達の伝えたいテーマで、タンチョウの生態や人との関わりについて、サンクチュアリ来訪者に説明します。

IMG_3337T_実施風景.jpg
ガイドの実施風景

1/27の1回目のガイドでは、お客さんに喜んでもらえたり、イラストを褒められたりしてやりがいを感じつつ、「フリップに頼りすぎた」「内容が薄かったので次回は濃くしたい」「質問に答えられなかったので知識を増やしたい」と課題も感じて1ヶ月。ブラッシュアップしてこの日を迎えました。

前回とは異なり、求愛ダンスの最盛期とあって600mm以上の望遠レンズと三脚が並び、外国人も大勢目につきます。さあどうする?と思ったのも束の間、あるぺアはガイドの日本人に話しかけ、通訳してもらいながら始めたではありませんか。素晴らしい。中にはガチのカメラマンに声をかけ、何度も断られてへこむペアも。

IMG_0651_外国人ともしっかりコミュニケーション.jpg
外国人ともしっかりコミュニケーション

この日は風が少し強く、タンチョウはいろんな方向から飛んできましたが、レンジャーが模擬ガイドを受けている時にも「見てください、タンチョウが頭上を飛んでいます!」と臨機応変に切り替える余裕も見せてくれました。

ネイチャーセンター館内でも笑顔いっぱいの解説をして、お客さんから「そのかっこいい腕章を見せながらの写真を1枚!」と撮影に応じる姿も。

IMG_0678T_腕章を撮らせて!.jpg
腕章を撮らせて!

まとめでは「外国の人は話が通じなくてダメかと思ったけど、やってみると身振り手振りが大きくて何とかなった。やって良かった」「フリップに頼らないでできた」「質問にも答えられた」と勇気や努力の甲斐があった様子です。

ガイド終了後の集合写真では、みんな実にいい表情(かお)をしています。

IMG_0694T_集合写真.jpg
達成感いっぱいの集合写真

この2年生が来年度に「自然ガイド 応用編」の受講生として、「入門編」で受講する後輩達に、ガイドの魅力やコツをどう伝えてくれ、自分達もさらに進化したガイドを見せてくれるのかと思うと、今からとても楽しみです!(原田記)



posted by 野鳥保護区事業 at 19:37| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ねむろバードランドフェスティバル2019に出展

1月25日から27日まで、「ねむろバードランドフェスティバル2019」が根室市で開催されました。
当会は、日本製紙(株)、(株)明治と共にメイン会場へブース出展し、共同で取り組んでいる根室地域でのシマフクロウおよびタンチョウの生息地保全活動を紹介しました。

日本製紙のブースでは、林業とシマフクロウ生息地保全の両立を図る取り組みを紹介しました。
実物大の巨木の模型や、実際にシマフクロウが使用していた巣箱を展示し、当会のレンジャーが北海道内にはシマフクロウは160羽ほどしか生息していないこと、開発などによって生息地を追われたりと厳しい現状にあることをお伝えしました。

s-190130_ねむろバードランドフェスティバル_DSC_7992.jpg
●巨木のうろの中でシマフクロウさんが鳴いているよ!

明治のブースでは、社員ボランティアと取り組む野鳥保護区の環境管理や、地域の子どもたちを対象にした自然観察会について、パネル展示を行ないました。
日本最大の野鳥であるタンチョウの実物大パネルの前では、多くの方が足を止め、身体の大きさを比較したり、卵の模型を手に取ってその大きさに驚きの声をあげていました。

s-190130_ねむろバードランドフェスティバル_DSC_7981.jpg
●タンチョウの寿命や行動範囲など様々な質問が寄せられました

ブースを訪れた方々からは、シマフクロウやタンチョウを何とか絶滅の危機から救ってください! と励ましの声を頂きました。
また、根室管内の野鳥保護区では、100種類近い野鳥が記録されていることに対し、地元の自然の豊かさを再認識しました と地域の方からのコメントも寄せられました。
皆様からのご声援を励みに、これからも私たちは企業や地域の方々と協力し、シマフクロウ、タンチョウの保護活動に取り組んで参ります。

【荒 記】
posted by 野鳥保護区事業 at 14:35| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする