2016年12月03日

学生バードソン2016に参加しました

 11月27日、F.A.ネットワーク主催の学生バードソン2016に参加しました。バードソンとは@12時間のバードウォッチングで見つけた鳥の種数と、Aたくさんの人から集まった募金額の合計で順位を競う自然保護チャリティイベントです。私達はかつて鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリの開設時に、学生バードソンの募金を寄付していただいたことから、恩返しの意味をこめて参加しています。当日は野鳥の会のレンジャーを中心に結成した「釧根サルン・コロカムイチーム」として競技に挑みました。しかし11月下旬の道東は、ガンやシギなどの鳥は南下していなくなり、マヒワなどの小鳥やシノリガモなどの水鳥がようやく渡って来始める時期のため、種数が期待できません。さらに追い打ちをかけるように当日の天気予報は雪。様々な不安を抱えながら本番を迎えました。

 スタートは鶴居村のタンチョウのねぐらとなっている雪裡川が見渡せる「音羽橋」です。日の入りが早いため、いかに効率よく鳥を見るかがこの競技のカギとなります。まずは確実にタンチョウを確認して釧路湿原から厚岸湖を目指します。

音羽橋.jpg
雪の中タンチョウを発見!

 日の出のころから降り始めた雪は次第に粒が大きくなり、路面状況や視界を悪くしていきます。この悪天候のせいで当初立ち寄る予定だった湖は全面凍結。泣く泣く先に進むことになりました。しかし、そんな悪条件の中、ハンノキの実を食べるマヒワの群れやシジュウカラなどの中からアトリやキクイタダキを発見するなど順調に種数が伸びていきました。

 厚岸湖に到着した頃には、スタートから6時間が経過していました。朝から降っていた雪は止み、確認した鳥は40種を超えました。ここからは海岸沿いを走って霧多布を経由して、水鳥や海鳥を探します。水面に浮かぶ鳥達の中からまだ確認していない種を探すものの、思うように見つかりません。そこに冷たい風が吹き付け集中力を奪っていきます。それでも粘ってなんとかコクガンやハジロカイツブリなどを見つけました。14時を過ぎた頃、日は傾き始めたため岬で海鳥を探すことに。読みはあたり、その場所でケアシノスリやハギマシコに加え、未確認の水鳥がどんどん見つかりました。

ハギマシコ.jpg
ハギマシコ

 その後、思うように種数は伸びず日が暮れてしまいましたが、最終的な確認種は56種。なんとか確認数で一般部門第3位となりました。悪天候や難しい時期ではありましたが、これだけの種数を確認できたことには驚きました。

 今回の学生バードソンを通じて、改めてタンチョウ(サルルンカムイ)やシマフクロウ(コタンコロカムイ)が生息できる道東の自然の豊かさを実感しました。今回周ったコースには、森林や湿原・海など環境も様々。ラムサール登録条約湿地や国立公園に登録されている場所もあれば、そうではない場所もあります。多くの種を支える自然環境がこれからも維持されるよう、引き続き保全活動を進めます。そして募金も集めて、学生バードソンにも恩返しをしたいと思います。【記:鈴木】
釧根サルンコロカムイチーム.jpg

posted by 野鳥保護区事業 at 16:14| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

ウクレレコンサート

26日に、釧路市内で演奏活動をされているウクレリストの中村智さんをお招きし、ネイチャーセンターでウクレレコンサートを行いました。前座は鈴木レンジャーによるタンチョウの鳴き声の解説と野鳥の鳴き声クイズです。タンチョウの鳴き声は展示物のカードを使い、「鳴き合い」と呼ばれる有名な声の他に、飛び立ちの合図や警戒音など様々な声を出していることを紹介しました。

IMG_6146T_ツルの鳴き声解説A.jpg
タンチョウの声を紹介する鈴木レンジャー

メインのコンサートは、ウクレレの音色を活かしたほっこりした曲からフラメンコ風の激しい曲まで、オリジナル曲を中心に演奏していただきました。タンチョウをテーマにした曲の他に、この日のために作られたという、鶴居村をイメージした曲の初披露も。ウクレレというと、ハワイのイメージがありますが、中村さんの華麗なテクニックでボサノバもジャズもクラシックも楽しめてしまったという印象です。

IMG_6191T_演奏する中村さんA.jpg
様々な曲を奏でた中村さん

この日、窓の外には給餌場に飛来した90羽程のタンチョウが見られました。予定時間があっという間に過ぎ、最後にチャップリンの“スマイル”をじっくり弾いていただきました。約20人の参加者の中には、目を閉じて聴き入る人も。コンサートが終了し外を見ると、丁度タンチョウが集団で飛び立つところでした。ウクレレの音色とタンチョウに魅了された贅沢な時間でした。

IMG_6199T_窓の外のツルA.jpg
窓の外ではタンチョウもうっとり?

年に一度はこんなコンサートを開催していきたいと思います。(原田)
posted by 野鳥保護区事業 at 14:55| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

2年目の標茶高校授業

標茶高校の授業「自然ガイド」の2年目が始まりました。好評だった昨年の影響か、今年は16人が受講してくれました。今年の日程は、双方の都合で第1回目を11月7日(月)に、2回目の実習を同12日(土)に、3回目を週明けの14日(月)にと、2週間で3回分を一気に行いました。

IMG_5695T_EFBC91E59B9EE79BAEE68E88E6A5ADE9A2A8E699AF-thumbnail2[1].jpg
1回目の授業風景

1回目はタンチョウの概要(生態や保護の歴史等)、日本野鳥の会やサンクチュアリ、レンジャーについて紹介した後、タンチョウの食べものについて考えるプログラムを行いました。2回目の実習では、例年より早い積雪の中、まずは町内の大規模な肉牛牧場で牧場長から、近年入り浸るようになったタンチョウについての説明を受けました。高校生は丁度雪の上に残った足跡に「でかっ」とその大きさを実感したようです。  

IMG_5800T_敷地内のタンチョウの足跡.jpg
牧場敷地内の多数の足跡

続いて鶴居村へ移動し刈取り後のデントコーン畑に集まるタンチョウの群れを観察。この日は300羽以上のオオハクチョウとマガン、ヒシクイも同じ場所で見ることができました。サンクチュアリのネイチャーセンターでは鳴き声としぐさの解説を受けたり、実物と同じ大きさ、重さのタンチョウのぬいぐるみを持って重さを実感してもらいました。そして最後に釧路市タンチョウ鶴自然公園で職員の説明を受け、飼育されているタンチョウを間近で見学しました。ここでは人工飼育により人に慣れていて、威嚇してくる雄のタンチョウがいたため、興奮時の頭の赤い部分の変化や行動をじっくり観察することができました。

IMG_5904T_威嚇してくる個体.jpg
威嚇してくるタンチョウ

実習の感想は「資料やネットと違いインパクトがあり、間近で見れたのは良かった」「毎日家のそばで見かけてはいたが、今日の実習でタンチョウの見方が変わってくると思う」「これからはタンチョウと人間の距離感を考えたい」等とそれぞれがタンチョウについての意識を高めたようです。

IMG_5960T_3回目の授業_テストのようですが.jpg
3回目の授業風景。テストをしているみたいですが、企画書づくりです

3回目はガイドに向けて配慮するポイント、よく聞かれる質問の紹介や、動画を見ながらそのしぐさの説明等を行いました。その後各人がやりたい解説テーマとその方法を考える企画書づくりに着手しました。2月のサンクチュアリでのガイド実習に向け、生徒達の自主的な取組みがいよいよスタート。ガイド本番が楽しみです!(原田)
posted by 野鳥保護区事業 at 12:59| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする