2017年02月24日

シマフクロウの野鳥保護区を拡大しました

日高地域のシマフクロウの生息森林の一部、5.7haを購入し、
隣接する持田野鳥保護区シマフクロウ日高第1を拡大しました。

hidaka2017s.jpg

この森林周辺では、1998年にシマフクロウ1つがいの生息が確認され、2005年以降は継続的に繁殖をしています。日高地域は、シマフクロウの生息域の中心である北海道東部から離れており、この森林は、数少ない日高地域の個体群の重要な繁殖地の一つになっています。

当会では、2007年からこのシマフクロウ生息森林を保全するため、野鳥保護区の設置を開始しました。当初は66.2haという保全範囲は森林の一部に限られていましたが、10年間で124.5haの連続した森林を保護区化することができました。

この野鳥保護区のシマフクロウの生息地を保全し、繁殖を応援することで、日高地域の個体群の増加と共に、新たな世代の道内各地への分散が期待されます。

なお、
これからシマフクロウは産卵や育雛といった繁殖期の重要な季節に入ります。生息を脅かさないように、野鳥保護区の位置などの情報は非公開ですが、その一部を体感していただけるように、360度を見渡せる画像を撮影しました。Facebookで公開しておりますので、冬のシマフクロウ生息森林の様子をご覧ください。

冬の森の様子はこちら

【松本記】
posted by 野鳥保護区事業 at 12:24| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする