2019年08月14日

タンチョウ、オジロワシ繁殖状況調査

 当会では、毎年5月から7月、風蓮湖に隣接する株式会社明治野鳥保護区槍昔から渡邊野鳥保護区ソウサンベツにかけて、タンチョウ、オジロワシの繁殖状況調査を実施しています。本調査は、タンチョウやオジロワシが保護区をどのように利用しているかを把握することが目的で、陸からの観察と地元の漁師さんのご協力を得て船の上から観察をしています。

IMG_8461.JPG
○船上からの調査風景

 本年は、タンチョウが4つがい確認され、その内1つがいでヒナ1羽が確認できました。そして、オジロワシは、3つがい確認され、全てのつがいでヒナを1羽ずつ確認し、それぞれで巣立ちが確認されました。

IMG_8464.JPG
○湖岸で休むタンチョウのつがい

 風蓮湖は、多くのタンチョウやオジロワシが繁殖地や餌場として利用しています。タンチョウやオジロワシは、生態系の中でも上位に位置する種です。この2種が生息していることは、風蓮湖に豊かな生態系が維持されている証拠になります。
 当会では、引き続き野鳥保護区周辺の調査を続けてまいります。

【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 11:07| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする