2016年09月12日

根室支部とフレシマ観察会を行ないました。

9月11日に日本野鳥の会根室支部と共に観察会を開き、15名の参加者がフレシマの景色を楽しみながら歩きました。

当日は晴れ渡った気持ちの良い青空となり、参加者は、ハマナスの赤い実やエゾリンドウのつぼみが見られる草原を通ったり、林床や湿原に群生するミゾソバの小さな白い花を観察しました。
また、上空を悠然と飛ぶオジロワシの姿が見られたり、ぬかるみにくっきりとついたヒグマの足跡が見られることも。

s-DSC_6574.jpg
☆オジロワシを観察する

s-DSC_6564.jpg
☆ヒグマの足跡、どのくらいの大きさかな?

ゴール地点の近くでは、植生管理のために放牧している20頭ほどの馬たちが近寄ってくる場面もあり、参加者はフレシマの雄大な景色と、そこに生息する様々な生き物たちを観察して楽しみながら歩きました。

s-DSC_6622.jpg
☆興味津々に寄ってくる馬たち

s-160911_フレシマ探鳥会_02.jpg
☆素晴らしい景色と共に

この豊かな自然をいつまでも残すために、これからも保全・管理活動を行なって行きます。

【佐藤記】
posted by 野鳥保護区事業 at 13:17| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする