2016年11月01日

「千人の森」シマフクロウ巣箱を設置しました。

2016年版「千人の森」Tシャツの販売を通した寄付金で作ることができました、シマフクロウの巣箱を野鳥保護区の森へ設置しました。

s-Tシャツと巣箱.jpg

今回、「千人の森」巣箱を設置したのは、天然の営巣木を使って1つがいのシマフクロウが繁殖している「杉本野鳥保護区シマフクロウ釧路第2」の森です。

ご支援いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

この保護区のシマフクロウは、天然の樹洞で営巣していますが、今の樹洞が使えなかった場合の予備の巣穴が無い状態でした。これまで、折れて落ちてきた枝が樹洞を塞いでしまって、繁殖を諦めた年もあります。
また今年の春、巣立ち間際の雛が巣の中で、テンに襲われてしまいました。
テンは一度襲った木を覚えていて来年以降も襲われる可能性もあります。引越し先もありませんので、困ったことになってしまいます。

シマフクロウ.jpg

そこで今回、「千人の森」巣箱を設置して、バックアップの巣穴を確保するとともに、今ある営巣木へもテン除けの対策を施すことになりました。

今回設置した巣箱は、軽量化を図っているものの、大きさはドラム缶1本分くらい。重量は10kgを超えます。
この巣箱を設置できる太い木を探すところから、作業は始まりました。

s-巣箱はどこにつけようか.jpg

シマフクロウの保護区ですので、巨木は何本もあるのですが、巣箱を設置するとなると、いくつもの条件が揃う必要があります。設置する木の前に木や枝があったりして空間が無いと巨大なシマフクロウは巣箱に出入りができませんし、出入り口が南向きでないと吹雪の日に巣箱の中が雪で埋まってしまいます。そんな多くの条件の物件を探して森を歩きまわり、今回選定したのは太くて直立しているエゾマツの木でした。

s-巣箱をかける木.jpg

装備を整えて木を登っていき、高さ8m程の位置に巣箱を固定します。そして、入口上には屋根型のテン除けを取り付けて、最後に2〜3pの大きさのチップを巣箱の中に敷き詰めました。

s-巣箱設置中.jpg

これで、バックアップ用の巣箱が完成です。

s-巣箱設置しました.jpg

その他にも、元の営巣木も機能させるため、幹回りにトタン板を張り付ける作業も行ないました。これで、テンなどの捕食者は、爪が滑って木に登ることができません。

s-鉄板巻き.jpg

今回の活動で、この保護区のシマフクロウのつがいの営巣環境がしっかりとしたものになりました。
年明けから始まる繁殖期に期待です。

【松本記】
posted by 野鳥保護区事業 at 22:32| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする