2016年11月15日

2年目の標茶高校授業

標茶高校の授業「自然ガイド」の2年目が始まりました。好評だった昨年の影響か、今年は16人が受講してくれました。今年の日程は、双方の都合で第1回目を11月7日(月)に、2回目の実習を同12日(土)に、3回目を週明けの14日(月)にと、2週間で3回分を一気に行いました。

IMG_5695T_EFBC91E59B9EE79BAEE68E88E6A5ADE9A2A8E699AF-thumbnail2[1].jpg
1回目の授業風景

1回目はタンチョウの概要(生態や保護の歴史等)、日本野鳥の会やサンクチュアリ、レンジャーについて紹介した後、タンチョウの食べものについて考えるプログラムを行いました。2回目の実習では、例年より早い積雪の中、まずは町内の大規模な肉牛牧場で牧場長から、近年入り浸るようになったタンチョウについての説明を受けました。高校生は丁度雪の上に残った足跡に「でかっ」とその大きさを実感したようです。  

IMG_5800T_敷地内のタンチョウの足跡.jpg
牧場敷地内の多数の足跡

続いて鶴居村へ移動し刈取り後のデントコーン畑に集まるタンチョウの群れを観察。この日は300羽以上のオオハクチョウとマガン、ヒシクイも同じ場所で見ることができました。サンクチュアリのネイチャーセンターでは鳴き声としぐさの解説を受けたり、実物と同じ大きさ、重さのタンチョウのぬいぐるみを持って重さを実感してもらいました。そして最後に釧路市タンチョウ鶴自然公園で職員の説明を受け、飼育されているタンチョウを間近で見学しました。ここでは人工飼育により人に慣れていて、威嚇してくる雄のタンチョウがいたため、興奮時の頭の赤い部分の変化や行動をじっくり観察することができました。

IMG_5904T_威嚇してくる個体.jpg
威嚇してくるタンチョウ

実習の感想は「資料やネットと違いインパクトがあり、間近で見れたのは良かった」「毎日家のそばで見かけてはいたが、今日の実習でタンチョウの見方が変わってくると思う」「これからはタンチョウと人間の距離感を考えたい」等とそれぞれがタンチョウについての意識を高めたようです。

IMG_5960T_3回目の授業_テストのようですが.jpg
3回目の授業風景。テストをしているみたいですが、企画書づくりです

3回目はガイドに向けて配慮するポイント、よく聞かれる質問の紹介や、動画を見ながらそのしぐさの説明等を行いました。その後各人がやりたい解説テーマとその方法を考える企画書づくりに着手しました。2月のサンクチュアリでのガイド実習に向け、生徒達の自主的な取組みがいよいよスタート。ガイド本番が楽しみです!(原田)
posted by 野鳥保護区事業 at 12:59| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする