2017年05月18日

春の冬期自然採食地

 鶴居村周辺でタンチョウのヒナが生まれ、ネイチャーセンターの周りではサクラが咲き、ツツドリやアオジのさえずりが聞こえる季節となりました。ようやく春の到来を感じることができるようになった5月16日に、冬期自然採食地の踏査を行いました。(冬期自然採食地についてはコチラ)

 自然採食地は一度整備しても、倒木で水路が塞がったり、低木が茂るなどしてタンチョウがその場所を利用できなくなることがあります。そのため、現地を見て回り、管理作業が必要な場所を確認することが今回の大きな目的でした。

 現地では、冬に設置したタイマーカメラで撮影されたタンチョウの利用数やその場所に残された足跡の記録を参考に、移動の妨げになる低木や倒木が無いかなどをチェックします。この日の天気は雨でしたが、周りではベニマシコやノビタキなどのさえずりや、林の中ではエンレイソウやエンコウソウの花など、たくさんの生き物を確認できました。
IMG_7401.jpg
        低木の茂り具合をチェック

 中でも昨年、日本航空(JAL)の社員の皆さんと整備を行った下雪裡5号採食地では、ニリンソウの大群落が。小さく可憐な白い花が辺り一面に咲き、まるで林の中に満天の星空があるようでした。
IMG_7402.jpg
        ニリンソウの大群落

 冬に設置したタイマーカメラにはタンチョウの姿が撮影され、また作業によってできた開けた空間にタンチョウの足跡が確認されています。JALの皆さんには今年度も作業にご協力頂けるため、私達はニリンソウを踏まぬように注意しながら管理作業が必要な場所の確認をしました。
 この時期にしか見ることができない緑豊かな光景のおかげで、私達は雨が降っていることを忘れ計9か所の確認作業ができました。
MFDC4580_南側出入口付近のタンチョウ.JPG
       タイマーカメラにタンチョウが
         (下雪裡5号採食地)
5015_南側出入口の足跡アップ.jpg
        整備箇所にタンチョウの足跡
          (下雪裡5号採食地)

 今回の踏査では、豊かな水辺環境にしか咲かない植物を多数確認することが出来ました。春の自然採食地にタンチョウはいませんが、様々な植物が咲いています。湿った環境を好んで咲くものや乾いた環境に生えるものなど、管理作業を考えるにあたってとても参考になりました。
今回の踏査結果を元に、今年度も様々な人達と連携し、タンチョウが冬に餌を探すことのできる環境を維持していきます。
【記:鈴木】
posted by 野鳥保護区事業 at 11:44| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする