2017年12月16日

開設30周年記念シンポジウム(札幌)開催

2017年11月29日、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリは開設30周年を迎えました。

開設当初、国内での生息数が383羽だったタンチョウは、今では1,800羽まで増えました。生息地も釧路や根室などの道東圏から、近年ではむかわ町や長沼町などの道央圏にも拡がりつつあります。

大きな転換点を迎えている今、これからのタンチョウ保護について考えるシンポジウムを札幌で開催します。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ開設30周年記念シンポジウム
「タンチョウ保護のこれから」

日時:2018年1月21日(日)13:30〜16:00(13:00開場)
会場:札幌国際ビル8階 国際ホール(地下鉄さっぽろ駅8番出口直結)

内容:
【 基調講演 】
  札幌周辺にタンチョウがいた頃の話
  久井貴世(北大大学院文学研究科 専門研究員)
【 話題提供 】
  タンチョウとコウノトリの話
  柳生博(日本野鳥の会 会長)
【 パネルディスカッション 】
  新規生息地でのタンチョウと地域との関わりについて、
  道央圏で活動する方々と意見を交わします。
 コーディネーター:小川巌(エコ・ネットワーク)
 パネラー:正富宏之(専修大学北海道短期大学名誉教授)
      黒沢信道(環境省タンチョウ保護増殖検討委員)
      小山内恵子(ネイチャー研究会inむかわ)
      加藤幸一(舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会)
      原田修(鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ)

 ※事前申込制となっています。参加される方は1月14日(日)までに、
  電話かE-mailで参加される方全員の氏名をお知らせください。

申込・問合せ先:鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
電話:0154-64-2620(火・水を除く9:00〜17:00)
E-mail:tancho_sanc@wbsj.org

主催:日本野鳥の会

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

turui_30th_sapporo_001.jpg
turui_30th_sapporo _002.jpg
posted by 野鳥保護区事業 at 16:46| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする