2017年12月21日

日本製紙株式会社と共同踏査を実施しました

12月21日、当会と日本製紙株式会社で、同社が釧路地域に所有する森林の共同踏査を行ないました。
当会と同社は2015年、同社が所有する約1,986haの森林について、シマフクロウの保全と森林施業の両立を目的とした覚書を締結しています。

今年の共同踏査では、社有林内の今後利用する可能性がある巨木の確認をしました。
踏査当日の気温は−15℃、ピリピリとした痛いような寒さを頬に感じながら、結氷した川を渡って森に入りました。

s-171221_共同踏査-2100.jpg
(今回の踏査メンバー。森の中は20cmほどの積雪がありました)

森の中を歩くと、大人一人では抱えきれないような巨木が次々と姿を現しました。
これら巨木の位置をGPSで記録し、樹種や直径などのデータを地図上に書き込んでいきます。
その結果、約20haの範囲に直径50cm以上の大木が33本あることが確認され、中には直径1mを超える立派なミズナラの巨木も発見されました。

s-JDS_0187.jpg
(3人がかりで計測するような巨木もありました)

今後も当会と日本製紙株式会社は、共同踏査を継続することでシマフクロウが生息する森林の状態を把握し、森林施業と保全のあり方を検討していきます。
(荒 記)

覚書締結の過去ログ
http://yacho-hogoku.seesaa.net/article/418852189.html

締結時のプレスリリース
http://www.wbsj.org/activity/press-releases/press-2015-05-13/
posted by 野鳥保護区事業 at 17:53| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする