2018年01月31日

ねむろバードランドフェスティバル2018に出展

1月26日から28日まで、「ねむろバードランドフェスティバル2018」が根室市で開催されました。
メイン会場では、当会と協定を結び野鳥保護区を設置している日本製紙(株)、(株)明治と共にブース出展し、根室地域でのシマフクロウおよびタンチョウの生息地保全活動を紹介しました。

s-180126-27_ねむろバードランドフェスティバル_DSC_2444.jpg
(左から)当会、日本製紙、明治のブース

日本製紙のブースでは、林業とシマフクロウの生息地保全の両立を図る取り組みを、明治のブースでは、社員ボランティアと取り組む野鳥保護区の環境管理や地域の子どもたちを対象にした自然観察会について、パネル展示を行ないました。
当会のブースには、シマフクロウの子育てを助けるために設置している巣箱を展示し、訪れた約250名の方に当会のレンジャーが活動を紹介しました。
実際にシマフクロウが使用していた巣箱の内部が分かるように裁断した展示の前では、多くの方が足を止め熱心に見入っていました。
また、中に入れるように加工した巣箱では、記念撮影を行なう多くの子どもたちで賑わいました。

s-180126-27_ねむろバードランドフェスティバル_DSC_0232.jpg
巣箱を開くと…中にはシマフクロウの親子が!

27072585_756583941132301_7782866137092751023_n.jpg
ボクもシマフクロウのヒナになったよ〜

ブースを訪れた方々は、シマフクロウの生息数の少なさと開発などによって生息地が失われている厳しい現状に驚き、「何とか絶滅の危機から救ってください!」と励ましの声を頂きました。
また、明治が根室市内に所有する野鳥保護区で、毎年のようにタンチョウが子育てを行ないヒナが巣立っていることに対し、「地元の自然の豊かさを再認識しました」とのコメントも寄せられました。
皆様からのご声援を励みに、これからも私たちは企業や地域の方々と共に、シマフクロウ、タンチョウの保護活動に取り組んで参ります。

【荒 記】
posted by 野鳥保護区事業 at 13:14| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする