2018年02月24日

高校生のタンチョウガイド

1月28日、標茶高校の「自然ガイド」の4回目の授業を行ないました。今回は生徒達がこれまで学んできたことをまとめ、観光客にガイドする「タンチョウガイド」をサンクチュアリの給餌場で行ないました。(これまでの授業についてはコチラ

この日は3年生と2年生がガイドをしました。始め観光客に話しかけることに戸惑う2年生に対し、昨年も経験した3年生は積極的に声を掛け、雑談も交えながらガイドをしていました。そんな先輩の姿が刺激になったのか、2年生も次々と声を掛けていくようになり、中には外国人へ英語でのガイドに挑戦する生徒もいました。この日はどのグループも10人程にガイドできたようです。3年生のガイドはこれで終了ですが、今回2年生にはもう一度ガイドをする機会があります。先輩達から「フリップでの解説にとらわれず、会話を楽しむこと」「まずは自分たちがガイドを楽しむこと」と後輩に次回のガイドに向け、エールが送られました。

IMG_0010.jpg
実際のタンチョウを活かし、ガイドする3年生(1/28)

2月24日、2年生2回目のタンチョウガイドです。パワーアップした小道具を手にした生徒達に、開始前からレンジャーは驚かされました。前回、外国人にもっとガイドをしてみたいという感想があったこともあり、外国人にも積極的に声を掛けていきます。ガイドの内容も前回よりうまくなっていて、何よりガイドをする生徒も楽しそうでした。そんな高校生の姿に、ガイドを聞いている人の顔も笑顔に変わります。ほとんどの生徒が20人以上の人にガイドを行ない、観光客からは「頑張ってね」「ありがとう」と声を掛けられて満足していただけたようです。
IMG_0223.jpg
参加者も体験できるゲームでガイドする生徒(2/24)

ガイドを経験し、来年も同授業を選択することを決めている生徒は「もっと英語でガイドをしたい」と早くも意気込みを語り、そうではない生徒も「この経験を色々なところで活かしていきたい」と今後に向けた感想がありました。

標茶高校での「自然ガイド」の授業はこれからも続きます。今回のガイドを経験した生徒が来年どのようなガイドを行なうのか今から楽しみです。
生徒の皆さんお疲れ様でした。そして楽しいガイドをありがとうございました!
【記:鈴木】

IMG_0105.jpg
2年生・3年生で記念撮影(1/28)

posted by 野鳥保護区事業 at 19:21| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする