2018年03月23日

新しい野鳥保護区が誕生!

 3月23日、当会は絶滅の危機に瀕しているタンチョウとシマフクロウを保護するため、その生息地約300haを購入しました。
購入地は寄付者のお名前を冠した野鳥保護区とし、生息地の自然環境を永続的に保全していきます。

1.タンチョウ4つがいが繁殖する湿原
  −村田野鳥保護区風蓮川、横澤野鳥保護区風蓮川
風蓮川河口に広がる湿地には、開発の法的規制が弱い民有地が残されており、村田氏他からのご寄付をもとに合計257.1haの土地を購入しました。
これにより、隣接する国指定鳥獣保護区に生息するタンチョウも含めると、6つがいのタンチョウの繁殖地が守られることになります。

170905_横澤野鳥保護区風蓮川_G0049553-Pano.jpg
<ラムサール条約登録湿地の風蓮湖に流れ込む風蓮川。河口左岸(写真奥)に2つの野鳥保護区を設置しました>

2.シマフクロウ1つがいが繁殖する森林
  −持田野鳥保護区シマフクロウ釧路第4
当会は、2014年から釧路管内の森林に野鳥保護区を設置し、1つがいのシマフクロウを保全していますが、未だ周辺は森林伐採など開発の脅威にさらされています。
そこで、持田氏からの寄付金をもとに隣接する土地37.7haを購入し、シマフクロウの生息地の保全を強化することにしました。
※生息地かく乱の恐れがあるため、具体的な地名等の公表は控えさせていただきます。 

130101_持田野鳥保護区シマフクロウ釧路第4_G0017285-Pano.jpg
<シマフクロウの住みかとなるような巨木が林立する豊かな河畔林>

1980年代に当会が始めた、絶滅危惧種の生息地を「野鳥保護区」として丸ごと買い取る活動も今年で30年が経過しました。今回購入した土地を含めると、当会が設置した野鳥保護区は計40か所、総面積は4,000haに達しようとしています。
私たちは、土地の購入後も自然環境が良好に保たれるよう、巡回や調査、適切な管理活動を継続していきます。

詳細は当会プレスリリース資料をご覧ください。
http://www.wbsj.org/activity/press-releases/press-2018-03-23/

【荒 記】
posted by 野鳥保護区事業 at 17:49| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする