2018年05月10日

温根内早瀬保護区で今年も繁殖を確認

10日に温根内早瀬野鳥保護区(鶴居村。19.5ha)へタンチョウの繁殖状況確認のために入りました。ここは一度タンチョウの繁殖が途絶え、周辺丘陵地の開発による土砂流入が原因でハンノキが増えたためと考え、ハンノキ林を伐採しヨシ原を復元したところ、タンチョウが再営巣しています。今回は新任レンジャーへの案内を兼ねて、2年ぶりの現地踏査です。胴長を履き、谷地坊主と呼ばれるスゲ科の株の間の泥地やハンノキ林を抜けて現地へ向かいました。途中ではエゾシカの踏み跡を外れると、背丈を超えるヨシの枯れ茎やホザキシモツケの藪が行く手を阻み、ぬかるみや谷地坊主に足を取られながら、30分ほどで現地へ。

IMG_1070T_ホザキシモツケのやぶをかわしながら進む.jpg
ホザキシモツケの藪をかわしながら進む

 現地では、ハンノキ伐採後15年以上経過しても、復元されたヨシ原は良い状態を保っていました。今年はタンチョウの気配がないから丘陵地伝いに川の下流部まで探すことになるなあ、と思いながらさらに少し進んだ時、けたたましいタンチョウの警戒音が! 1羽が鳴きながら頭上を飛び越え50mほど離れたところへ着地しました。もう1羽も飛んできました。これは近くにヒナがいる行動です。あわててその場を離れ、少し戻った地点から斜面を上がり、250mほど離れた見晴らしの良い丘からタンチョウを観察しました。

IMG_5673T_丘陵地から親子を観察.jpg
丘の上から観察

 静かに観察していると、すぐに1羽が最初に飛び立った辺りに戻り、やがてもう1羽も歩いて戻ってきました。すぐに戻った1羽が足元を気にしていて、その後座り込んだ白い背中から茶色の塊が。ヒナです! まだ首が座らない、という感じで生後3日め位の印象です。よく見ていると、親は少し離れてはすぐに同じ所に戻る動きを繰り返していました。まだヒナがうまく動けないのでしょう。親鳥は警戒音の代わりに、喉を鳴らすようなやさしいコロコロ・・・という声を出していました。

IMG_5651_やぶ越しのつがい(60倍ズーム撮影).jpg
やぶ越しのつがい(60倍ズームで撮影)

この日は1時間ほどの観察時間でヒナは1羽しか見ることはできませんでしたが、今年も繁殖を確認できました。最高気温が一桁の肌寒い日でしたが、レンジャーは温かい気持ちで帰途につきました。(原田記)
posted by 野鳥保護区事業 at 19:29| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする