2018年12月15日

活動報告会を開催

 12月8日に活動報告会を開催しました。活動報告会とは、これまで鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリにご支援いただいている皆さんへ、日頃のお礼と活動について報告する取り組みです。ご支援いただいている皆さんは全国各地にいらっしゃるため、普段なかなか顔を合わせる機会がありません。直接会うことで、交流を深められるよう、当会の事務所がある東京で報告会を実施しました。

 開会の挨拶後、これまでの活動報告をレンジャーが行いました。はじめに昨年度のサンクチュアリの30周年記念事業や保護活動について、報告しました。道央圏のむかわ町などタンチョウの新規生息地での取り組みなど近年の話題についても、参加者は真剣に聞いてくださいました。

IMG_9449.JPG
報告を熱心に聞く参加者の皆さん

 後半は、「冬期自然採食地」の取り組みについて、参加者は当会のオリジナル商品「タンチョウブレンド」のコーヒーを飲みながら、報告に耳を傾けました。タンチョウが冬期に給餌に頼ることなく自然の餌が採れるよう、多くの方々にご協力いただきながら整備してきた自然採食地。近年では地元の子ども達や企業のCSRなどでのイベントとして、完成した自然採食地の維持管理を進めており、その採食地をタンチョウが利用し続けていることを伝えました。

IMG_9461.JPG
参加者の中には整備に協力してくれた方も

 報告後は懇親会で交流を深めました。参加者の皆さんは、サンクチュアリ開設時からご支援いただいている長野県のスーパー、株式会社「ツルヤ」オリジナル商品のお菓子などを頬張りながら、思い出話に花を咲かせます。レンジャーとタンチョウについて語り合うなど話題は尽きず、あっという間にお開きの時間に。最後はサンクチュアリの初代レンジャーの締めの挨拶で報告会を終了しました。

IMG_9501.JPG
様々な特産物も並び、会話が弾みます

 サンクチュアリは開設当初から多くの方のご支援で支えられています。「383人の会」「タンチョウふぁんクラブ」の賛助会の方々、保護活動に協力してくださった社会人ボランティア「グリーン・ホリデー」や大学生の自然保護ボランティア団体「フィールド・アシスタント・ネットワーク」など数えきれません。このような支援者の皆さんと顔を合わせることで、サンクチュアリが多くの方のご支援とタンチョウへの想いで支えられていることを、改めてレンジャー一同実感しました。これまでのご支援への感謝の心を忘れず、今後も支援の輪を拡大していけるよう、タンチョウの保護活動に励んでいきます。

IMG_9480.JPG
記念撮影時には皆さんすっかり笑顔に

【記:田島】





posted by 野鳥保護区事業 at 19:43| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする