2019年07月16日

シマフクロウ用の給餌場に魚を追加

7月11日、持田野鳥保護区シマフクロウ日高第1に設置しているシマフクロウ用の給餌場に魚を追加してきました。

日高給餌190710.jpg
●ヤマメ30kgを追加しました

シマフクロウの生息地には、大径木を有する森林のほかに、餌となる魚類が豊富いる河川がないといけません。河川内には、体長10cm以上の魚が最低30尾/100u、1,300g/100u以上の密度でいることが必要です。

私たちは、当保護区内を流れる河川にて魚類調査を実施しました。調査では、ヤマメやハナカジカなどが見られ、その量は23尾/100u、500g/100uでした。現段階では、繁殖に必要な魚の量を満たしていません。

DSC_0421.JPG
●調査ではハナカジカが多く見られました

そのため、当会では、2012年から繁殖期の餌不足の補助のため給餌をしています。

給餌しているヤマメは、当会が販売するTシャツ「千人の森」で集まった寄付金をもとに購入しています。Tシャツ1枚につき、250円が餌代として寄付される仕組みで、1枚でヤマメ2尾分となり、1,000人のご購入で繁殖期1シーズンを補えることができます。

詳しくはこちら

多くの方々からご協力頂いている千人の森Tシャツによって、シマフクロウの保護活動の力になっています。現在、道内のシマフクロウの個体数は、約160羽と非常に少なく、絶滅の危機に瀕しています。今後も、当会では、シマフクロウの生息地保全のために、活動を続けてまいります。


【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 17:27| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする