2018年01月31日

ねむろバードランドフェスティバル2018に出展

1月26日から28日まで、「ねむろバードランドフェスティバル2018」が根室市で開催されました。
メイン会場では、当会と協定を結び野鳥保護区を設置している日本製紙(株)、(株)明治と共にブース出展し、根室地域でのシマフクロウおよびタンチョウの生息地保全活動を紹介しました。

s-180126-27_ねむろバードランドフェスティバル_DSC_2444.jpg
(左から)当会、日本製紙、明治のブース

日本製紙のブースでは、林業とシマフクロウの生息地保全の両立を図る取り組みを、明治のブースでは、社員ボランティアと取り組む野鳥保護区の環境管理や地域の子どもたちを対象にした自然観察会について、パネル展示を行ないました。
当会のブースには、シマフクロウの子育てを助けるために設置している巣箱を展示し、訪れた約250名の方に当会のレンジャーが活動を紹介しました。
実際にシマフクロウが使用していた巣箱の内部が分かるように裁断した展示の前では、多くの方が足を止め熱心に見入っていました。
また、中に入れるように加工した巣箱では、記念撮影を行なう多くの子どもたちで賑わいました。

s-180126-27_ねむろバードランドフェスティバル_DSC_0232.jpg
巣箱を開くと…中にはシマフクロウの親子が!

27072585_756583941132301_7782866137092751023_n.jpg
ボクもシマフクロウのヒナになったよ〜

ブースを訪れた方々は、シマフクロウの生息数の少なさと開発などによって生息地が失われている厳しい現状に驚き、「何とか絶滅の危機から救ってください!」と励ましの声を頂きました。
また、明治が根室市内に所有する野鳥保護区で、毎年のようにタンチョウが子育てを行ないヒナが巣立っていることに対し、「地元の自然の豊かさを再認識しました」とのコメントも寄せられました。
皆様からのご声援を励みに、これからも私たちは企業や地域の方々と共に、シマフクロウ、タンチョウの保護活動に取り組んで参ります。

【荒 記】
posted by 野鳥保護区事業 at 13:14| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

謹賀新年2018

明けましておめでとうございます!

今年もタンチョウやシマフクロウなどの希少種の生息地を保全するために、職員一丸となって活動を続けてまいります。

本年も変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

集合写真.jpg
○野鳥保護区事業所レンジャー

鶴居レンジャー集合写真-7461.jpg
○鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリレンジャー

【レンジャー一同記】
posted by 野鳥保護区事業 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

厚岸町で猛禽類生息状況調査へ参加

 12月17日、厚岸町で日本野鳥の会釧路・根室両支部が主催する猛禽類生息状況調査に参加しました。この調査は、現在、根室-釧路間で建設計画が進められている高規格道路建設によって希少猛禽類の生息地が奪われることが懸念されたため始まりました。当日は、9名の調査員が予め設定された3つの地点にそれぞれ分かれ、9時から15時まで出現した猛禽類の飛行ルートと行動を観察・記録しました。

調査風景-0094.jpg
○極寒の中、猛禽類を観察する調査員

 確認された猛禽類は、トビ、ノスリ、ハイタカと、絶滅危惧種のオオワシ、オジロワシ、クマタカです。オオワシ、オジロワシは、10羽ほどの群れとなって旋回飛翔し、クマタカは、カラスに追われる様子が見られました。

 生息状況調査は、2016年2月から4月にかけても同じ場所で行っており、今回の調査で確認された6種類の猛禽類のほかにケアシノスリ、オオタカも確認されました。また、オジロワシ、クマタカは、繁殖している可能性が高いことが示唆されました。

 両支部は、今回の調査で猛禽類が特に高頻度に利用しているエリアを特定したいと考えています。調査は、2018年3月まで行われる予定です。

集合写真-0075.jpg
○集合写真

【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 15:12| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする