2017年01月31日

ねむろバードランドフェスティバル2017に出展

1月28日から2日間、今年で10回目となる「ねむろバードランドフェスティバル2017」が開催されました。(詳細はこちら

今回のメイン会場では昨年と同様に、当会と協定を結び野鳥保護区を設置している日本製紙鰍ィよび竃セ治と共に出展し、来場された約850人の方に根室地域でのシマフクロウの生息地保全活動を紹介しました。


2017_NBLF写真@.jpg
☆(左から)日本製紙、明治、当会の出展コーナー

日本製紙の出展コーナーでは、林業活動とシマフクロウの生息地保全の両立を図る取り組みを展示で取り上げ、明治の出展コーナーでは、社員ボランティアと共に活動している野鳥保護区の環境管理について展示を行ないました。

そして当会では、シマフクロウが必要とする食べ物やすみかなどの環境づくりのために、実際に設置しているいけすの1/10スケールのジオラマや巣箱を展示し、活動を紹介しました。

出展ブースでは、大きな巣箱に顔を突っ込む子どもたちや、小さないけすを覗くご家族、レンジャーの話に熱心に耳を傾ける方々で賑わいました。


2017_NBLF写真A.jpg
☆巣箱の中には何がいるかな?

2017_NBLF写真B.jpg
☆いけすの中にお魚がいるよ!

また、ブースを訪れた人々の中にはシマフクロウの生態や厳しい現状に驚き、「当たり前に見られる存在になって欲しいね」と活動を応援してくださる声も聞かれました。

皆様からの応援を受けて、これからもレンジャー一同が企業や地域の方と共に、シマフクロウのための生息地保全の活動に取り組んでまいります。

【佐藤記】
posted by 野鳥保護区事業 at 12:15| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年2017

明けましておめでとうございます!

これからもタンチョウやシマフクロウなどの希少種の生息地を保全するために、職員一同活動を続けてまいります。

本年も変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

謹賀新年.jpg
posted by 野鳥保護区事業 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2016年12 月 [野鳥保護区内] のストリートビューが公開されました。

@渡邊野鳥保護区フレシマ A株式会社明治野鳥保護区牧の内 B株式会社明治野鳥保護区槍昔C渡邊野鳥保護区ソウサンベツがGoogleストリートビューでご覧いただけるようになりました。

ストリートビューは、Googleが提供するGoogleマップの機能の一つで、街中や観光名所、そして今回公開される野鳥保護区をその場にいるかのように360度のパノラマ写真でご覧いただけるサービスです。
ストリートビューを見るには、Googleマップで[野鳥保護区名] を検索し、表示された地図上に黄色い人型のアイコン「ペグマン」をかざして置いていただくことで、その地点のストリートビューをご覧いただくことができます。

今回公開された 野鳥保護区 のストリートビューは、Googleの※1「ストリートビュートレッカーパートナープログラム」に当会 が参加し撮影しています。
撮影は10月から約一週間かけて、野鳥保護区の湿原や草原、森林を、ストリートビュー撮影用機材「トレッカー」を担いで歩きながら撮影しました。
希少鳥類の生息地保全のため、通常は立ち入ることのできない野鳥保護区の自然を間近に感じることができますので、ぜひご覧ください。


@渡邊野鳥保護区フレシマ
フレシマは、1つがいのタンチョウが繁殖に利用する203.7haの野鳥保護区で、湿原から草原、森林に至るまでの多様な環境を一体として保全しています。保護区内では、植生管理のために馬を放牧しており、雄大な自然と共に北海道の原風景とも言える景色を眺めることができます。

01_フレシマ.jpg
☆植生管理のために放牧している馬

02_フレシマ.jpg
☆太平洋を臨んだ撮影場所

A株式会社明治野鳥保護区牧の内
牧の内は、2つがいのタンチョウが繁殖に利用する235.5haの野鳥保護区で、所有者である竃セ治と当会が協定により保全しています。当保護区は、根室市街地に隣接していますが、湿原や草原には数多くの野鳥が繁殖し、太平洋を望むタンネ沼やオンネ沼の畔では、オジロワシも繁殖するなど、豊かな自然が残されています。

03_牧の内.jpg
☆タンネ沼が一望できる風景

04_牧の内.JPG
☆友知湾を背景にした撮影場所

B株式会社明治野鳥保護区槍昔
槍昔は231.8haの野鳥保護区で、竃セ治と協定により保全しています。当保護区はラムサール条約湿地である「春国岱・風蓮湖」の湿地と深い森林が広がっており、湿地では1つがいのタンチョウ、沿岸部の樹上にはオジロワシ、森林ではエゾフクロウがそれぞれの環境を利用して繁殖しています。

05_槍昔.jpg
☆風蓮湖に流れ込む川の河口部から森林を臨む風景

C渡邊野鳥保護区ソウサンベツ
ソウサンベツは368.1haと当会で最大の野鳥保護区です。当保護区はラムサール湿地「春国岱・風蓮湖」の沿岸部に面しており、湖の沿岸を利用して2つがいのタンチョウが繁殖しています。

06_ソウサンベツ.jpg
☆厚床沼川の河口部から風蓮湖を臨む風景

07_ソウサンベツ.jpg
☆沿岸部の林道を歩く撮影地


※1ストリートビュートレッカーパートナープログラムは、ストリートビューの撮影を希望する観光協会、非営利団体、大学、研究機関などにGoogle がバックパック型のストリートビュー撮影機材「トレッカー」を無償で貸出すプログラムです。
https://www.google.co.jp/intl/ja/maps/about/partners/streetview/trekker/
posted by 野鳥保護区事業 at 18:09| 野鳥保護区管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする