2017年12月21日

日本製紙株式会社と共同踏査を実施しました

12月21日、当会と日本製紙株式会社で、同社が釧路地域に所有する森林の共同踏査を行ないました。
当会と同社は2015年、同社が所有する約1,986haの森林について、シマフクロウの保全と森林施業の両立を目的とした覚書を締結しています。

今年の共同踏査では、社有林内の今後利用する可能性がある巨木の確認をしました。
踏査当日の気温は−15℃、ピリピリとした痛いような寒さを頬に感じながら、結氷した川を渡って森に入りました。

s-171221_共同踏査-2100.jpg
(今回の踏査メンバー。森の中は20cmほどの積雪がありました)

森の中を歩くと、大人一人では抱えきれないような巨木が次々と姿を現しました。
これら巨木の位置をGPSで記録し、樹種や直径などのデータを地図上に書き込んでいきます。
その結果、約20haの範囲に直径50cm以上の大木が33本あることが確認され、中には直径1mを超える立派なミズナラの巨木も発見されました。

s-JDS_0187.jpg
(3人がかりで計測するような巨木もありました)

今後も当会と日本製紙株式会社は、共同踏査を継続することでシマフクロウが生息する森林の状態を把握し、森林施業と保全のあり方を検討していきます。
(荒 記)

覚書締結の過去ログ
http://yacho-hogoku.seesaa.net/article/418852189.html

締結時のプレスリリース
http://www.wbsj.org/activity/press-releases/press-2015-05-13/
posted by 野鳥保護区事業 at 17:53| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

開設30周年記念シンポジウム(札幌)開催

2017年11月29日、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリは開設30周年を迎えました。

開設当初、国内での生息数が383羽だったタンチョウは、今では1,800羽まで増えました。生息地も釧路や根室などの道東圏から、近年ではむかわ町や長沼町などの道央圏にも拡がりつつあります。

大きな転換点を迎えている今、これからのタンチョウ保護について考えるシンポジウムを札幌で開催します。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ開設30周年記念シンポジウム
「タンチョウ保護のこれから」

日時:2018年1月21日(日)13:30〜16:00(13:00開場)
会場:札幌国際ビル8階 国際ホール(地下鉄さっぽろ駅8番出口直結)

内容:
【 基調講演 】
  札幌周辺にタンチョウがいた頃の話
  久井貴世(北大大学院文学研究科 専門研究員)
【 話題提供 】
  タンチョウとコウノトリの話
  柳生博(日本野鳥の会 会長)
【 パネルディスカッション 】
  新規生息地でのタンチョウと地域との関わりについて、
  道央圏で活動する方々と意見を交わします。
 コーディネーター:小川巌(エコ・ネットワーク)
 パネラー:正富宏之(専修大学北海道短期大学名誉教授)
      黒沢信道(環境省タンチョウ保護増殖検討委員)
      小山内恵子(ネイチャー研究会inむかわ)
      加藤幸一(舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会)
      原田修(鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ)

 ※事前申込制となっています。参加される方は1月14日(日)までに、
  電話かE-mailで参加される方全員の氏名をお知らせください。

申込・問合せ先:鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
電話:0154-64-2620(火・水を除く9:00〜17:00)
E-mail:tancho_sanc@wbsj.org

主催:日本野鳥の会

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

turui_30th_sapporo_001.jpg
turui_30th_sapporo _002.jpg
posted by 野鳥保護区事業 at 16:46| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

標茶高校 自然ガイド

11月9日から標茶高校での「自然ガイド」の授業がスタートしました。(過去の授業の様子はコチラ)
今年は2年生の「自然ガイド入門」に加え、新たに3年生の「自然ガイド応用」が開設され、私たちはこれまで3回授業を行ないました。

11月9日、初回は昨年の授業の様子やタンチョウの概要(生態や保護の歴史など)を伝えることが主な内容です。自然ガイド応用の生徒は、昨年自然ガイド入門の授業を選択していたため、2月に実施したガイドを実演してもらったり、自分達が経験したことを話してもらいました。その後、タンチョウの食べ物について考えるプログラムや、同校生徒が作成した「タンチョウかるた」を実施し、まずはタンチョウに親しみをもってもらいました。

IMG_9165.JPG
「ツルの・・・」「はい!」

11月11日、2回目はタンチョウそのものの観察や、タンチョウに関わる人たちの話を聞く野外実習です。高校の近くの牧場では、「数年で急激に数が増えて、牧場の周りに100羽ほど来るようになった」、「牛舎に侵入してエサを盗み食いしている」というお話を聞き、鶴居村や丹頂鶴自然公園では、行動や体の特徴をじっくりと観察しました。生徒からは「本や資料と違って、実際に自分が見て聞いたことで知識が深まった」や「孵卵器や標本など見て、去年とは違った新しい発見があった」という感想があり、様々なことを実際に体験して、ガイドを行う上で良い収穫があったようです。

IMG_9203.JPG
サンクチュアリでは鳴き声について解説

IMG_9216.jpg
丹頂鶴自然公園では標本を見せていただいた

11月16日、3回目はガイドに向けてのアドバイスとして、観光客から良く聞かれる質問やダンスなどの動画を見せながら、行動の解説をしました。また、グループにそれぞれ生き物のお題を与え、他のグループにヒントを伝えて、その生き物が何かを当ててもらうゲームをしました。どういう順序で特徴を話したら良いか、どんな表現がわかりやすかったか、伝える練習となりました。

IMG_9276.JPG
生き物のヒントを相談中

レンジャーが授業に関わるのは、ひとまずここまでです。
3回の授業を通じて、「地元の魅力を伝えたい」、「外国人にもガイドを挑戦してみたい」と感想がありました。ガイドへの意気込みを聞き、1・2月にそれぞれがどんなガイドをするのか、今から楽しみです。
【記:鈴木】
posted by 野鳥保護区事業 at 14:04| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする