2016年09月12日

根室支部とフレシマ観察会を行ないました。

9月11日に日本野鳥の会根室支部と共に観察会を開き、15名の参加者がフレシマの景色を楽しみながら歩きました。

当日は晴れ渡った気持ちの良い青空となり、参加者は、ハマナスの赤い実やエゾリンドウのつぼみが見られる草原を通ったり、林床や湿原に群生するミゾソバの小さな白い花を観察しました。
また、上空を悠然と飛ぶオジロワシの姿が見られたり、ぬかるみにくっきりとついたヒグマの足跡が見られることも。

s-DSC_6574.jpg
☆オジロワシを観察する

s-DSC_6564.jpg
☆ヒグマの足跡、どのくらいの大きさかな?

ゴール地点の近くでは、植生管理のために放牧している20頭ほどの馬たちが近寄ってくる場面もあり、参加者はフレシマの雄大な景色と、そこに生息する様々な生き物たちを観察して楽しみながら歩きました。

s-DSC_6622.jpg
☆興味津々に寄ってくる馬たち

s-160911_フレシマ探鳥会_02.jpg
☆素晴らしい景色と共に

この豊かな自然をいつまでも残すために、これからも保全・管理活動を行なって行きます。

【佐藤記】
posted by 野鳥保護区事業 at 13:17| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

シマフクロウの巣箱がついに完成

Tシャツを購入すると、1枚につき250円がシマフクロウ保護活動の資金になる「千人の森」Tシャツ。2016年のTシャツは、シマフクロウの巣箱の設置費用として、多くの方に購入していただいております。

そしてこの度、当会初となる第1号の巣箱が完成しました!

s-千人の森巣箱完成160910.jpg

ドラム缶1本分ほどの大きさのあるこの巣箱、これまで実績のある環境省の巣箱をベースにして、素材や形状を改良して5kg程軽くした新型です。1年以上かけて、製作会社と設計や素材を検討して、ようやく完成に漕ぎ着きました。

s-CIMG9876.jpg

この新しい「千人の森」のロゴ入り巣箱は、次期の繁殖が始まる冬前には、野鳥保護区の森へ設置する予定です。
 
これから始まるシマフクロウの繁殖補助活動。当会では今後も巣箱の設置や、その後の巡回など活動を進めていきますので、引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

【松本記】
posted by 野鳥保護区事業 at 18:11| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

持田野鳥保護区シマフクロウ十勝第1を設置しました。

当会では、十勝地域に広がる365.2ヘクタールの森林を購入し、シマフクロウの生息地保全を目的として「持田野鳥保護区シマフクロウ十勝第1」を設置しました。

持田野鳥保護区シマフクロウ十勝第1の風景.JPG
持田野鳥保護区シマフクロウ十勝第1の風景

シマフクロウは現在、北海道内で約50つがい、140羽程が生息しているのみです。
当会では2004年からシマフクロウの生息地保全のための野鳥保護区の設置を開始し、
2020年までに13つがいの生息地保全を目標としています。

シマフクロウ.JPG

今回の生息地購入により、目標値の77%に相当する10つがい(全つがい数の20%)の生息地保全を達成しました。また、これまで根室、釧路、知床、日高の4地域に野鳥保護区を設置しましたが、当野鳥保護区は十勝地域初であり、シマフクロウの分散を考える上で重要な場所となるだけでなく、当会が設置したシマフクロウの野鳥保護区としては最大の面積になります。

この森林を野鳥保護区としたことで、1つがいのシマフクロウが利用する十勝地域の重要な生息地を保全し、さらに、そこに生息する多様な動植物の生息地を保全することができました。

今後は、シマフクロウの生息に適した森林管理をしつつ恒久的に保全します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
posted by 野鳥保護区事業 at 01:47| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする