2018年10月12日

(株)明治の社員ボランティアとのエコアップ活動

 10月9日、株式会社明治の社員ボランティア10名が根室市内の「明治野鳥保護区槍昔」を訪れ、エゾフクロウの巣箱づくりと、狩場づくりを行ないました。
 株式会社明治は、2007年に当会と協定を結び、タンチョウの生息地保全を目的とした野鳥保護区を社有地に設置しています。また、2008年からは、全国の社員や関連会社から有志を募り、湿原や森林の自然環境の管理を継続して実施しています。

 タンチョウ1つがいが繁殖する明治野鳥保護区槍昔には、湿原だけでなく深い森林があります。この森林にはエゾフクロウが生息していますが、営巣に適した洞のある大木が少なく、繁殖をしにくい状況です。そのため、2008年に巣箱を設置しましたが、10年が経過し付け替えの時期となっていました。そこで、今回はボランティアの皆さんに巣箱を作成していただき、新しいものへと取り換えました。

社員ボランティア.jpg
●板に書いた設計図に沿ってのこぎりで慎重に切っていきます。

 エゾフクロウ用の巣箱は40p×40p×50pの大きなものです。1畳ほどの大きな板から切り出し、設計図をもとに組み立てていきます。ボランティアの皆さんは、巣箱づくりが初めての方がほとんどでしたが、協力し合いながら作業を進め、頑丈な2個の巣箱を作ることができました。

 作成した巣箱は、太いミズナラの木の7mほどの高さに設置します。古い巣箱にロープをかけて、ボランティアの皆さんで力を合わせて引き下ろし、新しい巣箱を引き上げて固定しました。古い巣箱を覗いてみると、エゾフクロウの卵のかけらと羽毛が入っていました。今シーズンにも利用していたようです。来る冬からの繁殖期には、新しく取り換えた巣箱を利用してくれるでしょうか。今から楽しみです。


 また、巣箱の設置後には、木材を積み重ねて作ったエゾフクロウの狩場を管理する作業を行ないました。これは、木材の隙間にネズミ類を誘い込むことで、エゾフクロウが採餌しやすい環境を作る試みです。しかし、年月とともにササが繁茂し、ネズミ類を見つけにくくなっていました。そこで、ボランティアの皆さんに、鎌を使って狩場の範囲のササを刈っていだきました。

社員ボランティア2.jpg
●膝丈ほどに伸びたササを刈りました。

 長年、多くのボランティアの方々が活動し続けてきたことで、豊かな自然環境が残る野鳥保護区が維持されています。これからも、竃セ治の社員の皆さんと協力し、様々な生き物が生息する野鳥保護区を守っていきます。

社員ボランティア3.jpg
●巣箱を作った証として皆さんのお名前を看板に書きました。


【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 13:12| 野鳥保護区管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

「フィールド・アシスタント・ネットワーク」のワークキャンプを実施

 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリでは、毎年春と夏に大学生の自然保護ボランティア団体「フィールド・アシスタント・ネットワーク(以下FAネットワーク)」のワークキャンプの受け入れをしています。FAネットワークは大学生が中心となり、自然保護団体への協力、自然保護に貢献にできる人材の育成などを目的として活動している団体です。今夏は8月23日から27日までの5日間、実施しました。

 初日のオリエンテーションでは、タンチョウについての歴史・生態や当会のこれまでの保護活動、冬期自然採食地の保全の取り組みについてプレゼンを行いました。レンジャーの話を真剣に聞く様子から学生たちの熱心さが伝わってきました。

IMG_2051.jpg


 2日目は、タンチョウの生息環境や釧路湿原などの現場を車で視察する野外セミナーを実施しました。鶴居村内の農家の方からは日々の暮らしやタンチョウの農業被害、タンチョウに対する思いなど貴重な話を聞くことができました。釧路湿原では木道を散策しながら多様な生きものを観察し、湿原の環境を肌で感じてもらいました。また、大規模な伐採林、湿原の集水域での森づくりや自然再生事業の現場を通して、国立公園の現状や諸問題、保護活動ついても学びました。移動中はタンチョウの親子に何度か遭遇。初めて見るタンチョウに、感動しながら双眼鏡を覗きこむ学生も見られました。

IMG_7979.jpg


 3日目は、タンチョウが冬期に給餌場以外で餌を食べられるよう整備してきた「冬期自然採食地」の管理作業に取り組みました。今回作業した採食地(中雪裡1号自然採食地)は2010年に所有者の農家さんに許可を得て整備した小河川です。タンチョウが食べる生きものやその環境について、説明しながら河川を歩きます。ノコギリで水路にかかる低木の枝切りと外敵からの逃げ道を造ることで、あっという間に開けた空間ができました。今年もタンチョウが安心して餌を食べてくれることを願います。雨が降る中での作業で全身びしょ濡れでしたが、学生たちの表情は達成感に満ちていました。夜は懇親会が行われ、地域の方と交流を深めました。

IMG_8159.jpg


 4日目は、D型倉庫周辺の補修作業、サンクチュアリの煙突掃除を半日かけて行いました。補修作業ではD型倉庫内への水の浸入を防ぐため、周りの地面が低くなっている所に土を盛ります。普段は使用する機会のないつるはしで土を掘り返す作業に、学生たちは悪戦苦闘。怪我なく無事に作業を終えることができました。サンクチュアリでは冬期に薪ストーブを焚いています。煙突を取り外し、溜まっていた大量の煤をきれいに取り除きました。今年の冬も暖かい館内で過ごしていただけそうです。また、前日に実施した冬期自然採食地の整備について、展示物を作成してもらいました。作業を振り返り、意見を出し合いながら構成や担当を決めていきます。紙芝居のように使用できたり、手書きのタンチョウの絵が描かれるなど、来館者にわかりやすい内容の展示物を作りました。

IMG_8329.jpg


 最終日は、インタビューを通して活動の振り返りと記念撮影を行いました。参加した学生からは「自然保護における環境や生きものとの共生の難しさを学んだ」「大学の授業などで色々な立場で物事を考えることはあったが、実際に現場の人の感じていることを聞くことと、自分たちで想像して考えることは体感として違うものがあると感じた」「地元の問題を再認識することができた」「タンチョウについて知らないことも多く、自然保護について考えさせられた」などたくさんの感想を聞くことができました。鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリは、開設時から学生ボランティアをはじめとした多くの方の支えのもと、タンチョウの保護活動に取り組んでいます。参加した学生の皆さんには、今回のワークキャンプで学んだことをどこかで活かしてもらえたらと思います。短い期間ではありましたが、ありがとうございました。お疲れさまでした。
【記:田島】


IMG_2122.jpg
posted by 野鳥保護区事業 at 11:14| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

「タンチョウの冬の食事場所を作ろう」のイベントを実施

 7月1日に「日本製紙クレインズの選手と一緒にタンチョウの冬の食事場所を作ろう」を実施しました。クレインズの選手と地元の子どもたちといった地域の人が協力しあい、タンチョウが冬に自然の餌を採れる場所(以下“自然採食地”)の維持管理を行なう活動です。
  はじめに、ネイチャーセンターで自然採食地についてスライドで説明し理解を深めてもらいました。タンチョウが給餌以外に冬に餌を採ることのできる凍らない河川などの環境があること、そこは整備後も数年で倒木や茂った藪が増えるため、出入りできるように繰り返し整備が必要なことを、皆さん熱心に聞いていました。これから行なう活動がタンチョウのためになることを感じてもらえたところで実際に作業場所へ移動します。


IMG_7177.jpg
作業前の勉強。自然採食地について学びます。

 当日は雨が降っていたので急遽予定を変更し、短時間で作業を進めることにしました。今回作業する自然採食地には、大きな倒木が1本あります。そのため、枝を払い、ロープで引き上げてからノコギリで細かく切っていく班と、茂っている藪と立木を切る、2班に分かれて作業を行ないました。力持ちのクレインズの選手と元気いっぱいで作業も早い子どもたちのおかげで、あっという間に開けた空間を造ることができました。

IMG_1611.jpg
協力して作業を進める選手と子どもたち

 レンジャーは整備した場所を冬にタンチョウが出入り口として利用し、餌を採ることをあらためて伝えました。作業した場所を背景に記念撮影をする頃には雨も弱くなり、皆さん達成感でいっぱいの表情でした。

 最後はセンターに戻り今日のまとめです。まずはクレインズの選手へのインタビューと質問タイム。選手と子どもたちとの距離がより近づいたところで、メッセージカードにタンチョウへの思いと作業の感想、クレインズの選手へのエールを書いてもらい、イベントを終了しました。

IMG_1674.jpg
雑談も交えながらタンチョウへのメッセージを考えます。



IMG_1679.jpg
思いをひとつに、タンチョウが利用してくれることを祈って記念撮影。

 釧路湿原自然再生普及小委員会の取り組みの一環であるこのイベントは、今年で7回目を迎えます。今回はクレインズの選手や鶴居村の野外活動グループ「サルルンガード」の子どもたちをはじめ、総勢25名でタンチョウの冬季自然採食地の維持管理の作業を行ないました。現在、給餌をはじめ地道な保護活動により1800羽までタンチョウは増えました。一方で給餌場での過密化による感染症への懸念、特定の越冬地への集中、人馴れや農業被害などの問題も深刻化しています。今後の個体数の増加や生息地の拡大にあたり、給餌に頼ることなく本来の生息環境で餌を採れる冬期自然採食地の存在は必要不可欠です。タンチョウが利用し続けていけるよう、今後も地域一体となって自然採食地の取り組みを進めていきます。
                                                                                           【記:田島】





posted by 野鳥保護区事業 at 18:17| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする