2020年01月16日

1月14日シマフクロウの生け簀に魚を追加してきました。

2020年1月14日、例年よりも積雪が少ない中、
持田野鳥保護区シマフクロウ日高第1の生け簀にヤマメ30sを追加してきました。
20200114_FO日高1‗給餌場_JDS_0474.jpg

魚の追加後に実施したシマフクロウの鳴き声聞き取り調査では、雌雄の鳴き交わしを確認。
さらに、無人の定点カメラで、その日の深夜に生け簀へ魚を食べに来ている様子を確認することができました。
20200115_FO日高1‗給餌場_DSC_1349.jpg

今の時期、シマフクロウは繁殖の時期に入りつつあります。昨シーズンは繁殖に失敗してしまいましたので、今シーズンは成功してくれることを祈るばかりです。

瀧本
posted by 野鳥保護区事業 at 15:01| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

謹賀新年2020

新年明けましておめでとうございます!
今年もタンチョウやシマフクロウなど希少種の生息地を保全するために、当会職員一丸となって活動を続けてまいります。
本年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

s-渡邊野鳥保護区フレシマ_FLY135_053_180820.jpg
●渡邊野鳥保護区フレシマ

【職員一同:記】
posted by 野鳥保護区事業 at 11:35| 野鳥保護区管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

シマフクロウの給餌場に魚を追加しました。

12月3日、持田野鳥保護区シマフクロウ日高第1の管理作業を行ないました。
この日の作業は、生簀への計30sの魚の追加、シマフクロウ利用状況調査のためのカメラの調整、冬に向けた生簀の水の調整などです。

この日は強風で吹雪いている中での作業。
実際の気温より体感温度はかなり低い中で、寒さを痛感させられた作業でした。

給餌した日の夜。生簀への飛来状況を調査する無人カメラを確認すると、早速シマフクロウが来ていました。
どこからか作業を見ていたのでしょうか?
しっかりとヤマメを捕っていきました。

これからの繁殖期に向けて、しっかりと栄養をつけてほしいものです。

生簀.jpg
写真は日中の生簀の様子です。
posted by 野鳥保護区事業 at 15:35| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする