2019年09月26日

シマフクロウの給餌場の利用率を調査しました

当会では、2011年から日高地域にある野鳥保護区内でシマフクロウへの給餌を行なっています。当保護区とその周辺では、古くからシマフクロウ1つがいが繁殖していますが、繁殖成功率を上げるには、自然河川での餌資源量の不足分を補うことが必要です。

給餌は、シマフクロウの繁殖の補助に有効でありますが、人馴れや周辺の生態系への影響を及ぼす恐れもあります。そのため、現時点での給餌量が必要最小限の量であるかを検証が必要です。

DSC_5552.JPG
○当会の給餌場

そこで、当会は、給餌場に設置した定点カメラの撮影画像を用いて、シマフクロウの給餌場への飛来、飛去時間や滞在時間、飛来回数を解析して、給餌場の利用率と繁殖成否によっての利用の違いについて調査しました。

調査の結果以下の2つの事が分かりました。
@繁殖の成否に関わらず、抱卵期である2月下旬から4月上旬にかけて、給餌場へ滞在する時間も回数も少ない
A繁殖に失敗した年は、繁殖に成功した年と比べて育雛期以降の利用率が低い

以上の事から、シマフクロウの抱卵期に加え、繁殖に失敗した年の育雛期以降は、給餌量を減量または削減しても良いことが考えられました。しかし、現時点では、周辺の自然河川での餌資源量が詳細に分かっていないため、今後も調査を継続し、給餌量を慎重に検討していく必要があります。

NCS20141209193331010.jpg
○給餌場を利用するシマフクロウの親子

これらの事を、9月13日〜16日に、東京で開催された日本鳥学会にて、ポスター発表をしました。発表時には、多くの研究者や大学生などから様々な質問やアドバイスをいただけました。議論をする中で深まったことや学んだことを今後の保護活動に役立てていきたいと思います。

IMG_1966.jpg
○ポスター発表をするレンジャー

【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 11:23| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする