2015年05月13日

日本製紙株式会社とシマフクロウ保護と森林施業の両立のための覚書を締結

5月13日、当会は釧路地域のシマフクロウの生息する森林1,986haについて、所有者の日本製紙株式会社との間でシマフクロウの保護と森林施業の両立のための覚書を締結しました。
@シマフクロウ.jpg

覚書の対象地は、2011年にシマフクロウの繁殖が初めて確認された森林で、現在1つがいが繁殖しています。また、隣接地で他の1つがいも繁殖しており、釧路地域の重要な生息地になっています。
A対象地の遠景.jpg
対象地の日本製紙株式会社の社有林

この森林は、施業林を含んでおり、伐採の時期や規模によっては、シマフクロウの生息に影響を及ぼすことが懸念されました。これまで当会では、同社と情報交換や調査を行い、特に重要は生息範囲132haを抽出したほか、警戒心が特に強くなる繁殖期に営巣木付近の伐採を避けるなど、生息地保全に向けた調整を進めてきました。
B対象地内の河川.jpg
対象地を流れる河川

D調査風景.jpg
シマフクロウの生息調査の様子

今回締結した覚書では、当会と同社が対象森林においてシマフクロウの生息地保全のために協力すること、特にシマフクロウの樹洞木については双方合意の上で保全すること、同社の北海道東部地域の社有林においても、シマフクロウの生息が確認された場合には、当会に報告することなどを取り交わしました。
C対象範囲概念図.jpg
対象範囲のイメージ。日本製紙社有林(黒線内)は通常の施業をする経営林分だが、営巣木を中心とした半径250mの範囲(赤線内)、高頻度に利用している地点を中心とした半径250m の範囲(青線内)については、営巣木を保存した上で繁殖期の施業を避け、大規模皆伐は行わない。また、河川から片側20m の岸辺も、皆伐を行わない。

シマフクロウは、河畔林に生息し、巨木の樹洞で繁殖することから、樹洞木の伐採は甚大な影響がありますが、今回の覚書の取り交わしにより、当該地では森林施業とシマフクロウの保全が両立されることになります。

プレスリリースの詳細はこちら
posted by 野鳥保護区事業 at 15:00| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする