2020年05月19日

オオジシギ調査

 今日は、当会が進める「オオジシギ保護調査プロジェクト」の一環で、オオジシギの調査を行いました。2018年に全道で行った調査と同じ場所で行なうことで、個体数の変化を調べます。

 起床は午前3時半。4時過ぎのネイチャーセンターでは、例年並みの時期に開花した桜とD型倉庫のあたりから日の出が見られました。気温は4℃と冷え込んでいます。鹿児島出身の若いTレンジャーは、「真冬です!」と綿入りズボン。そういう私もオーバーズボン着用です。

IMG_6034.jpg
「給餌場前の桜と日の出」

 最初の調査地点では、今季初めてカッコウの声を聞きました。北海道では「キジバトが鳴いたら畑を耕しても良く、カッコウが鳴くと種を蒔いても良い」と云われる、農作業の目安となる鳥です。
しかし10分間の調査でじっとしていると、手はかじかみ耳当ても欲しくなるほど寒い!マスク内は鼻水がダダ洩れです。

オオジシギ調査風景_下幌呂自然再生地.jpg
「調査風景」

 この場所は3年前には子連れのタンチョウが観察されています。今日は遠くに2羽のタンチョウがいました。ただ数日前に成鳥2羽だけであることが確認されており、今年は繁殖に失敗したようです。

自然再生地奥のタンチョウつがい_200519.jpg
「たんちょうのつがい」

 3カ所目は釧路湿原堤防道路上で、関係者から鍵を借りてゲートを開け車で入りました。堤防の斜面では草を食べるエゾシカの姿も見られ、遠くに阿寒の山並みも望める良い場所です(吹きさらしの風がなければ)。記録担当のMレンジャーは、早速風の当たらない斜面を見つけ座ろう(寝転ぼう?)として地面をよく見ると、すごい密度でシカの糞が。残念そうに立ったまま記録していました。

座りたいけど座れない!.jpg
「座りたくても座れない!」

 本日最後の4カ所目の調査地点は、温根内ビジターセンターから湿原内に延びる木道上です。現地へ向かう途中、山沿いの道でコルリの雄2羽が争うシーンや、オオルリやセンダイムシクイをじっくり見られるなど、思わぬ出会いがありました。湿原内はまだ地表近くが新緑という程度で、ヨシ原は枯草色のままです。風景が一面の緑色になるのは、6月中旬位までかかります。

温根内木道_調査終了後.jpg
「温根内木道の様子」

この日の調査では、4カ所で記録されたオオジシギの数は2018年の半分以下でした。風が強かったせいなのか、オーストラリアの森林大火災の影響もあるのか、他地域での調査結果が気になるところです。

【記:原田】

 
posted by 野鳥保護区事業 at 17:28| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする