2019年09月26日

シマフクロウの給餌場の利用率を調査しました

当会では、2011年から日高地域にある野鳥保護区内でシマフクロウへの給餌を行なっています。当保護区とその周辺では、古くからシマフクロウ1つがいが繁殖していますが、繁殖成功率を上げるには、自然河川での餌資源量の不足分を補うことが必要です。

給餌は、シマフクロウの繁殖の補助に有効でありますが、人馴れや周辺の生態系への影響を及ぼす恐れもあります。そのため、現時点での給餌量が必要最小限の量であるかを検証が必要です。

DSC_5552.JPG
○当会の給餌場

そこで、当会は、給餌場に設置した定点カメラの撮影画像を用いて、シマフクロウの給餌場への飛来、飛去時間や滞在時間、飛来回数を解析して、給餌場の利用率と繁殖成否によっての利用の違いについて調査しました。

調査の結果以下の2つの事が分かりました。
@繁殖の成否に関わらず、抱卵期である2月下旬から4月上旬にかけて、給餌場へ滞在する時間も回数も少ない
A繁殖に失敗した年は、繁殖に成功した年と比べて育雛期以降の利用率が低い

以上の事から、シマフクロウの抱卵期に加え、繁殖に失敗した年の育雛期以降は、給餌量を減量または削減しても良いことが考えられました。しかし、現時点では、周辺の自然河川での餌資源量が詳細に分かっていないため、今後も調査を継続し、給餌量を慎重に検討していく必要があります。

NCS20141209193331010.jpg
○給餌場を利用するシマフクロウの親子

これらの事を、9月13日〜16日に、東京で開催された日本鳥学会にて、ポスター発表をしました。発表時には、多くの研究者や大学生などから様々な質問やアドバイスをいただけました。議論をする中で深まったことや学んだことを今後の保護活動に役立てていきたいと思います。

IMG_1966.jpg
○ポスター発表をするレンジャー

【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 11:23| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

シマフクロウ用の給餌場に魚を追加

7月11日、持田野鳥保護区シマフクロウ日高第1に設置しているシマフクロウ用の給餌場に魚を追加してきました。

日高給餌190710.jpg
●ヤマメ30kgを追加しました

シマフクロウの生息地には、大径木を有する森林のほかに、餌となる魚類が豊富いる河川がないといけません。河川内には、体長10cm以上の魚が最低30尾/100u、1,300g/100u以上の密度でいることが必要です。

私たちは、当保護区内を流れる河川にて魚類調査を実施しました。調査では、ヤマメやハナカジカなどが見られ、その量は23尾/100u、500g/100uでした。現段階では、繁殖に必要な魚の量を満たしていません。

DSC_0421.JPG
●調査ではハナカジカが多く見られました

そのため、当会では、2012年から繁殖期の餌不足の補助のため給餌をしています。

給餌しているヤマメは、当会が販売するTシャツ「千人の森」で集まった寄付金をもとに購入しています。Tシャツ1枚につき、250円が餌代として寄付される仕組みで、1枚でヤマメ2尾分となり、1,000人のご購入で繁殖期1シーズンを補えることができます。

詳しくはこちら

多くの方々からご協力頂いている千人の森Tシャツによって、シマフクロウの保護活動の力になっています。現在、道内のシマフクロウの個体数は、約160羽と非常に少なく、絶滅の危機に瀕しています。今後も、当会では、シマフクロウの生息地保全のために、活動を続けてまいります。


【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 17:27| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

根室カトリック幼稚園の園児たちと植樹活動をしました

 5月28日、根室市の牧場跡地で、根室カトリック幼稚園の年長の園児43名がシマフクロウの生息地保全のために、広葉樹の苗木100本を植樹しました。

 この活動は、当会と根室カトリック幼稚園が、シマフクロウの住める森つくりを目指す「天使の森計画」の一環で、2010年から始まり、毎年春に植樹を行っています。

植樹_DSC_8569.jpg
●レンジャーから植樹の方法を聞く園児たち

 園児達は、事前に掘られた穴の中へ苗木が倒れないよう植えていました。苗木が大きなものは、2、3人のお友達と協力して植えており、園児たちは、終始、楽しそうに植樹をしていました。

植樹_DSC_8617.jpg
●苗木が倒れないように支えながら植えます

 植樹が終わると、園児達からは、「早く大きな木になって欲しい」といった声も聞かれました。今回、植えた苗木がシマフクロウの住める森になるまでは、100年以上の長い時間がかかります。私たちは、園児たちが植えてくれた苗木をシマフクロウが住む豊かな森になるまで、大切に育てていきます。

【稲葉記】
posted by 野鳥保護区事業 at 11:23| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする