2024年01月22日

標茶高校性によるタンチョウガイド

 1月20日(土)に標茶高校の2・3年生によるタンチョウガイドを当サンクチュアリと、鶴見台にて実施しました。この日のために、生徒たちは授業や野外実習により知識を深めたり、ガイド用の小道具を手作りしたりと準備を進めてきました。
 当日、生徒たちが標茶町から鶴居村に到着すると、早速ガイド開始です。準備万端の様子だったので「さあどんどんガイドしていこう!」と送り出しましたが、一言目を話しかけるのが少し緊張するようで、声をかけるのを少しためらっている様子でした。「しっかり話を聞いてくれるだろうか」「話しかけて怒られたりはしないだろうか」という不安な気持ちはとてもよく分かります。それでも、勇気を振り絞って声をかけてみると、不安とは裏腹に、とても興味深く話を聞いていただき、「ありがとう」「とても勉強になりました」といった言葉をいただくことができました。その後、自信がついた生徒たちはどんどんガイドをすることができ、一歩踏み出すことの大切さも感じてもらえたのではないかと思います。

0A1A2984.JPG

<ガイド中>

0A1A2907.JPG

<自作のタンチョウ帽子>

 また、給餌場でタンチョウを観察されているお客さんの中には、海外からお越しになった方も多くおられ、英語でのガイドも経験できました。英語でのガイドは、日本語でのガイドよりもかなり苦労したようで「あまり伝わった気がしない」「次回はもっと英語を勉強してきます」といった声がありました。タンチョウガイドに限らず、様々な言語を学ぶことで、より多くの人に伝えることができるということも感じてもらえたのでないでしょうか。

0A1A2953.JPG

<海外の方に指人形劇を披露>

 今回のガイド実習で3年生は最後でしたが、2年生は3月に2回目があります。今回の経験や反省を踏まえて、さらに良いガイドをしてくれることを期待しています。

0A1A3103.JPG

<ガイドをやり切った後の集合写真>
posted by 野鳥保護区事業 at 14:50| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月03日

標茶高校野外実習

 鶴居村に隣接する標茶町にある、標茶高校では、自分たちが住んでいる地域の自然を多くの人に伝える「自然ガイド」について学ぶ授業が選択できます。その授業では、当サンクチュアリのレンジャーが外部講師として、タンチョウガイドの方法等を伝えています。2月と3月には当サンクチュアリと鶴見台で実際に観光客にガイドするという実践的な授業です。
 今回はこの授業の一環として、現地で様々なことを学ぶ野外実習を実施しました。野外実習の目的は、タンチョウの観察や、様々な人からタンチョウに関する話を聞くことで、タンチョウに関する知識や経験を蓄え、ガイド本番に向けた準備をすることです。
 まずはバスで移動しながらタンチョウを探しました。今年度は、バスの中からタンチョウが見られる機会が少なかったですが、見られる場所ではしっかりと観察し、成鳥と幼鳥の違いなど、タンチョウの生態に関する話を聞いて知識を深めていました。また、移動中に立ち寄った場所で、タンチョウのことをとても大事にしている地域の方からもお話を聞くことができ、レンジャーや学校の先生からは聞くことのできない、地域住民の気持ちも知ることができました。

DSCN8197.JPG

<地元の方のお話を聞く生徒達>


 タンチョウを観察した後は、本番の日にガイドを行う当サンクチュアリの給餌場と鶴見台や、タンチョウの生態に関する展示のある鶴居村の公共施設「みなくる」に向かいました。これらの場所では、ガイド本番のイメージ固めや、ガイドのための細かな情報収集をしました。生徒達からは「こんな小道具も使えるね」「この情報は伝えられると面白そう」などと本番をかなり意識した会話が聞こえてきて、頼もしい限りでした。

DSCN8213.JPG

<鶴見台の解説中>


 最後は、鶴居村の酪農家さんのもとへ訪れ、その方とタンチョウのかかわりについて話を伺いました。酪農家さんにとってタンチョウは、牛を驚かしてけがをさせられたり、春先には牛の餌となるデントコーンの芽を食べられたりと、腹立たしく思う反面、毎年顔を出すタンチョウがいなかったら少し心配になるなどの、様々な面からのお話をしていただくことができました。人とタンチョウとのかかわり方について、考えてもらうきっかけになったのではないかと思います。

PB250030.JPG

<酪農家さんのお話を聞く生徒達>


 今回の野外実習では、タンチョウの生態だけでなく、タンチョウにかかわる人たちにも話を聞くことができました。1つの視点だけではなく、いろんな立場の方の考えを聞けたことは、自分なりの考えを持って他の人に伝えるための、良い刺激になったのではないかと思います。ガイド当日は、今回感じたこと等も踏まえて、自分達らしくタンチョウについて伝えてくれることを楽しみにしています。
posted by 野鳥保護区事業 at 16:16| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月17日

長沼町×鶴居村 タンチョウ子ども交流ツアー 〜鶴居編〜

 鶴居村では、子どもたちの自然体験や他地域の子どもたちとの交流の機会を設けるために「KODOMO湿地交流」という取組みを行っています。その「KODOMO湿地交流つるい委員会」の委員としてレンジャーも取組みにかかわっています。
 8月8日・9日には鶴居村の子どもたちと長沼町の子どもたちでタンチョウ子ども交流ツアーを実施しました。両町村の子どもたちは、共にタンチョウが暮らしている地域ということから、以前より交流のある長沼町の子どもたちを鶴居村に招き実施しました。
 1日目のメインとなる活動は「タンチョウの巣の調査」です。普段は近くで見ることができないタンチョウの巣を調査できるということで子どもたちも大盛り上がりです。調査は2か所の巣をそれぞれグループに分かれて行いました。レンジャーが調査の進行役をしていた巣@はヨシ原の中にあり、巣材にはほとんどヨシを使用した典型的なタンチョウの巣でした。巣の大きさを測ったり、巣をのこぎりで切って厚さを測ったりとじっくりタンチョウの巣を調査しました。調査中には付近に巣の家主と思われる2羽のタンチョウもいて、かなりこちらを威嚇していましたが「お邪魔します」という気持ちで調査に臨みました。

巣@_黒沢撮 (9).JPG
巣@の調査

 一方巣Aは、巣@とは雰囲気が全く違い、沼地の中にあり、巣材にはスゲやフトイ、木の枝、植物の根などが使われていました。沼の中での調査だったので、転んでどろんこになってしまう子どもがいるのではないかとドキドキしていましたが、誰もどろんこになることはなく無事調査を終えることができました。調査終了後はお互いが調査した巣がどんなだったかを教え合い、いろんな種類の巣があることを知りました。

巣A_音成撮 (3).JPG
巣Aの調査

 2日目は釧路湿原にある温根内の右岸堤防という場所で生き物を観察する「湿原ウォーク」を行いました。始まる前にはレンジャーから双眼鏡の使い方のレクチャーもあり準備はばっちりです。湿原ウォークの中では、「湿原の中にある木の高さが変わっている」「長沼町も釧路湿原も大昔は海の中だったんだ」などとたくさんの発見をすることができました。また、この日も付近で暮らしているタンチョウを見つけ、大満足の様子でした。

温根内_黒沢撮影  (5).JPG
湿原ウォーク

 この2日間を通して、たくさんの発見や、多くの交流ができ子どもたちにとって有意義な時間だったのではないかと思います。今回は「鶴居編」ということで長沼町の子どもたちに鶴居村へ来てもらいましたが、秋には「長沼編」として、鶴居の子どもたちと一緒に長沼町へ行くことを予定しています。次回も、子どもたちに元気いっぱい交流してもらうことを楽しみにしています。

posted by 野鳥保護区事業 at 13:45| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする