2020年11月04日

坂野建設株式会社様へ感謝状を贈呈しました

 10月23日、渡邊野鳥保護区フレシマの管理用道路を無償で補修いただいた、坂野建設株式会社(釧路市、代表取締役社長:坂野賀孝)様に感謝状を贈呈しました。
 同野鳥保護区内にはホロニタイ川が流れており、その支流を管理用道路が横断する箇所で老朽化による浸食が発生していました。このような状況を同社にご相談したところ、資材の提供および施工を無償で実施頂けることになりました。なお同社には、2019年にも地域貢献活動の一環として、野鳥保護区の修繕工事等にご協力いただいております。

s-20201023_133158.jpg
(左)同社土木部次長 関川裕文様
(右)当会チーフ 松本

s-20200929_144941.jpg
●周囲の景観に溶け込むように、現地に残されていた木杭などを活用して護岸工事を行なってくださいました。

 施工により、流れをせき止めていた流木やゴミなどが取り除かれ、流量が安定しました。水が澄んでくると、アメマスやヌマガレイの稚魚が泳ぎ回る姿を確認することができました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。
 今後も私たちは企業や地域の皆様に支えていただきながら、タンチョウの保護活動に取り組んで参ります。

【荒 記】

posted by 野鳥保護区事業 at 10:53| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

標茶高校の授業で野外実習を実施

レンジャーが民間講師として授業を行う標茶高校の「自然ガイド」。6年目を迎えた今年度も、1月と2月に高校生が給餌場でガイドを行う予定です。10月31日に実施した2回目の授業では、バスで地元の農家やタンチョウに関する施設を回る野外実習を通して、タンチョウの生態や保護の歴史、現状について学んでもらいました。

はじめに、標茶町内の牧場を見学し、農家の方から「牛舎に入り餌を盗み食いしている」「近年は牧場周辺にも多く集まるようになった」「タンチョウは身近で猫のような存在」などの貴重なお話を聞くことができました。

DSCN1022.jpg
質問をし、真剣にメモをとる生徒たち

DSCN0989.jpg
敷地内に侵入していたタンチョウを発見

標茶町から鶴居村へ移動する途中では、刈り取り後のデントコーン畑に集まっていたタンチョウの家族を観察。3年生が、タンチョウの特徴やこの時期の動きについて解説しました。

IMG_5153.jpg
幼鳥の特徴などを解説する3年生


タンチョウの農業被害について、ねぐらで有名な音羽橋やサンクチュアリと鶴見台の給餌場ではレンジャーが説明し、現状や諸問題について伝えました。

DSCN1048.jpg
音羽橋で解説するレンジャー

最後は、阿寒国際ツルセンターを見学し、職員から館内の展示と飼育しているタンチョウの行動について学びました。タンチョウの詳しい生態など普段は聞けない解説を聞き、威嚇行動や興奮すると頭の赤い部分(皮膚)の大きさが変化する様子をじっくり観察できました。

DSCN1093.jpg
充実した展示が並ぶ館内

DSCN1144.jpg
解説を聞きながら、目の前で行動を観察

タンチョウに関わる様々な立場の方からのお話は、生徒たちにとってガイドの視野を広げる良い機会となったようです。


次回の授業では、3年生が動画を見ながらタンチョウの求愛ダンスなどの行動を解説します。プログラムの進行や解説を主体的に行う3年生は、レンジャーにとって頼もしい存在であり、2年生にも刺激になっているはずです。生徒たちがどのようなガイドを行うのか、本番が楽しみです。

【記:田島】
posted by 野鳥保護区事業 at 11:25| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

高玉建設工業株式会社様へ感謝状を贈呈しました

 10月14日、渡邊野鳥保護区フレシマの管理用道路を無償で補修いただいた、高玉建設工業株式会社様(野付郡別海町)に感謝状を贈呈しました。
 管理用道路は、巡回や市民の方向けの観察会でも利用しており、雨水で浸食が発生した部分を当会レンジャーが手作業で補修していました。このような状況を同社にご相談したところ、地域貢献活動の一環として無償で砂利を敷設頂けることになりました。

s-20201014_101812.jpg
(右)同社代表取締役社長 玉哲朗様
(左)当会チーフ 松本

s-20200905_120443.jpg
●雨の日にはぬかるんで車両の通行に苦労した箇所も、重機できれいにならして下さいました。

 施工当日は、作業員の皆様にも野鳥保護区の雄大な景観や、湿原の彼方から響くタンチョウの声を楽しんでいただきました。改めて御礼申し上げます。今後も私たちは企業や地域の皆様に支えていただきながら、タンチョウの保護活動に取り組んで参ります。

【荒 記】

posted by 野鳥保護区事業 at 10:49| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする