2019年10月24日

JALの皆さんと冬期自然採食地の整備

17日に、日本航空株式会社(JAL)の社員ボランティアの皆さんと冬期自然採食地の整備に取り組みました。同社のCSR(社会貢献活動)の一環として2016年度以降毎年協力していただいており、今年で4年目となりました。地元の釧路以外にも、札幌や東京など遠方から総勢16名の社員の皆さんに、作業をお手伝いいただきました。

今年度の作業場所はタンチョウのねぐらとして有名な音羽橋の近くに位置する採食地で、これまで十数羽のタンチョウの利用が確認されている場所です。生い茂っている低木や藪を鎌やノコギリで刈り、タンチョウが牧草地から採食地内の排水路へ出入りしやすい空間を造りました。また、排水路内にかかる倒木をノコギリで枝払いをし、太い倒木はチェーンソーで伐り倒しロープで引っ張り上げた後に玉切りを行いました。

IMG_4936.JPG
倒木が除去されタンチョウが利用しやすい空間に

タンチョウのためにと熱い想いを持った皆さんの作業のおかげで開けた空間が完成し、既存の採食地を拡大することができました。冬に設置するタイマーカメラに、さらに多くのタンチョウの利用が確認できるか楽しみです。

IMG_4988_集合写真B.JPG
完成した採食地の中で記念撮影

ネイチャーセンターに戻った後は、作業の感想やタンチョウへの想いをメッセージカードに書いてもらいました。
以下にいくつかご紹介します。
「より自然に近い環境でタンチョウの個体数が増えていけるよう、採食地の整備に貢献できて良かった」「タンチョウが整備した採食地を餌場として選んでくれたら嬉しい」「人生で初めてタンチョウを見ることができ、想像以上の白さと大きさに感動した」

IMG_4998.JPG
皆さんの手にはたくさんのメッセージが

センターでの作業後は、ねぐらへと帰るタンチョウを見に出発。途中で村内の刈り取り後のデントコーン畑に集まるタンチョウの餌を食べる姿などを観察しました。幼鳥を連れた家族が目の前を通り過ぎる場面もあり、終始大盛り上がりでした。

IMG_4862.JPG
望遠鏡を使いデントコーン畑にいるタンチョウを観察

日の入り時刻にはタンチョウのねぐら場所である音羽橋へ移動し、上空を次々に飛ぶ群れを眺めました。天候にも恵まれ、ねぐらへと帰るタンチョウの優雅な姿に、皆さんは寒さを忘れるくらい感動していました。

IMG_5002.JPG
音羽橋でねぐらへ帰るタンチョウを待ちます

今後もタンチョウの魅力や保護の大切さを伝えると共に、冬期自然採食地の取り組みを通して、多くの方とタンチョウの保護活動を進めていきます。ご協力いただいたJALの皆さん、どうもありがとうございました。
【田島記】







posted by 野鳥保護区事業 at 14:26| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

鶴居村の子供達と冬期自然採食地整備

7日に「タンチョウの冬の食事場所をつくろう2019」のイベントを行いました。今回は鶴居村の自然体験活動グループ「サルルンガード」の子供達を中心に小学生20人、保護者の方とサポートの大人で総勢34人の参加となりました。まずはネイチャーセンターで自己紹介の後、自然採食地整備の意義(給餌場の個体数密度を少なくし伝染病等のリスクを下げる事ほか)や作業方法についてのレクチャーをして、現地へ。作業場所は2011年に整備をした「旧雪裡川1号」という場所の下流側の隣接地で、「自然採食地を拡げる」という位置づけです。

IMG_4621T_高学年低木切.jpg
低木を切る子供達

作業前の現地で説明後、3-4年生と5-6年生の2班に分かれて作業開始。まずはノリウツギやホザキシモツケといった、藪を作る2m程の低木を根元から切ります。5-6年生の班では倒木もどかします。30分で低木はなくなり、余裕のある男の子は「もっと切りたい!」と木を探して歩き回っていました。

IMG_4640T_伐採木をロープで引く.jpg
倒した木をロープで引っ張る

休憩後には、15m程の高さのシラカバを2本伐り倒しました。木が倒れる方向を見極めながら、大人がチェンソーでゆっくり切ると、最後はメリメリ、ズシーン!と迫力ある音をたてて、無事に川の方へ倒れました。ロープをかけて引っ張り、チェンソーで全体を3つに分けたら、あとは子供達の出番です。ノコギリで枝や幹をさらに細かく切って、集積場所に運びました。

IMG_4646T_皆で玉切.jpg
倒した木を細かくする子供達

作業終了後、見通しが良くなりタンチョウが出入りしやすくなった川岸で、参加者はタンチョウの動きを想像したり、レンジャーから餌となる生き物の説明を受けました。説明中、きれいな流れの中で泳ぐ30p以上のサクラマスを子供が見つけて盛り上がりました。その後ネイチャーセンターへ戻り、今日の感想やタンチョウへのメッセージを書いて、まとめとしました。
「ふとい木をきるのはたいへんでつかれたけど、おもしろかった」「カエル、魚、虫がいたからタンチョウに来てほしい!」「木を引っぱるときも楽しかったです。いっしょうけんめい作ったから、たくさん使ってね!!」「こんな体験ができる鶴居の子供達がうらやましい!」等のメッセージが寄せられました。

IMG_4744T_集合写真A.jpg
現地での記念写真。充実感に笑顔いっぱいの参加者

これからも、冬の給餌に頼らないで過ごせる自然の餌場(冬期自然採食地)をたくさんの人達と一緒に整備していきたいと思います。

【記:原田】
posted by 野鳥保護区事業 at 12:05| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

「フィールド・アシスタント・ネットワーク」の夏ワークキャンプを実施

 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリでは、毎年春と夏に大学生の自然保護ボランティア団体「フィールド・アシスタント・ネットワーク(以下FAネットワーク)」のワークキャンプの受け入れをしています。FAネットワークは大学生が中心となり、自然保護団体への協力、自然保護に貢献にできる人材の育成等を目的として活動している団体です。今夏は8月20日〜24日までの5日間、実施しました。

 初日のオリエンテーションでは、タンチョウの生態や保護の歴史、当会のこれまでの保護活動、冬期自然採食地(以下自然採食地)の保全の取り組みについて等をレンジャーが説明し、理解を深めてもらいました。

IMG_4230.JPG
説明後は多くの質問が飛び交いました

 2日目は、車で釧路湿原をぐるっと1周する野外セミナーで、タンチョウの生息環境や歴史、保護活動について知ってもらいました。鶴居村内の農家の方からは、タンチョウの農業被害やタンチョウへの想いを語っていただきました。釧路湿原を一望できる展望台では、学生たちは湿原の雄大さを肌で実感できたようです。また、湿原の集水域での森づくりや自然再生事業の現場を通して国立公園の現状や諸問題についても学んでもらいました。道中は様々な種類の生きものにも出会え、大興奮の学生たちでした。

IMG_0336.JPG
釧路湿原を見渡す学生たち

 3日目は、タンチョウが冬期に給餌場以外で自然の餌を食べられる環境である、自然採食地の整備に取り組みました。ノコギリで川にかかる倒木切りや鎌で斜面の藪払いをすることで、タンチョウが採食地内で餌を採れる環境と採食地への出入口を造ることができました。作業中はタンチョウが真上を飛び、学生たちが盛り上がる場面もあり、作業後の記念撮影ではレンジャーがカメラのセルフタイマーに間に合わない等、笑いも交えながらの作業となりました。夜は懇親会が行われ、学生たちは地域の方との交流を深めました。

IMG_4320.JPG
集合写真は作業後の採食地にて撮影

 4日目は、館内の展示物の補修と給餌場周辺の作業を手伝ってもらいました。サンクチュアリ周辺では杭打ち作業を行うことで、冬期の給餌場付近の路上駐車・カメラマンの侵入等防止等、年々増えている来訪者が安全にタンチョウを観察できる場所を設けることができました。

IMG_0444.JPG
協力しながら重い杭を打ち込みます

最終日は、インタビューを通して活動の振り返りを行いました。学生からは、「鶴居村とタンチョウの関わりを学ぶことができた」「実際にどのような環境整備を行っているのか体験できて良い機会になった」「生態系全体を包括して思考し、地域社会との関係も含めて保全を行う必要と、それらの普及啓発に取り組むことが重要だと感じた」「自分たちの行動がタンチョウや環境保全に役立つと嬉しい」「地域の人々との関わりの大切さを学ぶことができた」など多くの感想が上がりました。

IMG_4390.JPG
ネイチャーセンター前で記念撮影

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリは、開設時から支援者や学生ボランティアをはじめとした多くの方の支えのおかげでタンチョウの保護活動に取り組むことができています。雨に打たれながらの野外作業もありましたが、協力してくれた学生の皆さん、5日間ありがとうございました。お疲れ様でした。
【記:田島】



posted by 野鳥保護区事業 at 16:22| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする