2020年10月28日

高玉建設工業株式会社様へ感謝状を贈呈しました

 10月14日、渡邊野鳥保護区フレシマの管理用道路を無償で補修いただいた、高玉建設工業株式会社様(野付郡別海町)に感謝状を贈呈しました。
 管理用道路は、巡回や市民の方向けの観察会でも利用しており、雨水で浸食が発生した部分を当会レンジャーが手作業で補修していました。このような状況を同社にご相談したところ、地域貢献活動の一環として無償で砂利を敷設頂けることになりました。

s-20201014_101812.jpg
(右)同社代表取締役社長 玉哲朗様
(左)当会チーフ 松本

s-20200905_120443.jpg
●雨の日にはぬかるんで車両の通行に苦労した箇所も、重機できれいにならして下さいました。

 施工当日は、作業員の皆様にも野鳥保護区の雄大な景観や、湿原の彼方から響くタンチョウの声を楽しんでいただきました。改めて御礼申し上げます。今後も私たちは企業や地域の皆様に支えていただきながら、タンチョウの保護活動に取り組んで参ります。

【荒 記】

posted by 野鳥保護区事業 at 10:49| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

JALの皆さんと自然採食地整備

10月16日にJALグループの皆さんと、タンチョウの冬期自然採食地整備を行いました。コロナ禍の影響で今年は夏までイベントを自粛していましたが、9月27日に鶴居村の子供達と整備を行って以来、2回目となります。今回の場所は昨年JALさんと整備した小河川の上流部側に、新たな出入口を作る事、そして川の中でタンチョウが移動しやすいように倒木や岸辺の藪を払う作業でした。

今年はマスク姿で参加者も10人と少数精鋭です。まずはネイチャーセンターでオリエンテーションの後、車に分乗して現地へ。全員が胴長に着替えて2班に分かれ、1班は地上の藪払いから川岸へ。そして我こそはと志願された4名が川の中から倒木や岸辺の藪を払います。
image.png
地上部隊の作業風景

IMG_5091T川岸作業風景A.jpg
川部隊の作業風景

休憩後に川部隊は交代し、役割を変えて合計1時間程の作業で2か所の出入口と川の中が整備できました。ここでタンチョウがどんな生きものを食べているのか、タモ網であちこちすくってみると、ヨコエビやトゲウオの仲間等が採れました。「こんな小さいものも食べるんですね」と皆さん興味津々です。DSCN0668T_採れた魚.jpg
採れた生きもの

せっかくなので全員で、整備した岸から川へ降り、川の中を歩いてタンチョウ気分を味わいました。
DSCN0672TT_現地記念写真.jpg
達成感いっぱいの集合写真

一旦センターに戻り、感想やタンチョウへのメッセージを書いていただました。「タンチョウが自力でエサを採れるためにお手伝いさせて頂きほんとうにありがとうございました」「タンチョウの皆さん!美味しそうな餌場ができましたよ。ぜひ遊びに来てくださいね!!」「こうした活動を通じてタンチョウの生息地が広がることを期待しています」といった、嬉しい言葉をたくさんいただきました。DSCN0696T_NC内まとめ.jpg
昨年のメッセージパネルと共に

最後は、村内の畑で落穂(コーン)を食べているタンチョウをじっくり観察していただきました。
DSCN0706T_デントコーン刈跡のタンチョウ(望遠撮影).jpg
刈取り後の畑に集まるタンチョウ(望遠レンズで撮影)

そしてさらに、タンチョウがねぐらを取る雪裡(せつり)川を見渡せる音羽橋へご案内しました。かなり薄暗くなる頃、次々に鳴きながら飛んでくる姿に、参加者全員がしばし寒さを忘れました。DSCN0771T_ねぐら入り.jpg
ねぐら入りするタンチョウ

タンチョウ保護活動に参加していただいたJALの皆さん、ありがとうございました。(原田)
posted by 野鳥保護区事業 at 20:17| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

釧路空港にて開催中〜タンチョウの保護活動パネル展〜

当サンクチュアリが開催するパネル展の準備のため、9月4日(金)に釧路空港へ出向きました。
展示するパネルは、ネイチャーセンターの紹介やタンチョウの子育てする環境、越冬する環境を守る当会の活動、ネイチャーセンター内外での普及活動に関する内容が中心です。新たなタンチョウの生息地や直面している問題など、タンチョウとそれらを取り巻く現状についても展示しています。

P9040007.jpg
設置作業

その他、日本航空株式会社の社員ボランティアなど企業の方々や鶴居村の子どもたちなどと協力して取り組む、餌場づくり(タンチョウが冬に給餌だけに頼らず餌が採れる環境の整備)の展示物も掲示しています。

P9040010.jpg
餌場づくりイベントの感想も並びます

優雅で美しく人々を魅了するタンチョウですが、その背景には多くの方々による保護活動の歴史があることを、今回の展示パネルを通して多くの方に知っていただけたらと思います。
また、タンチョウの等身大パネルも設置しています。並んで大きさを実感しながら、記念撮影なんていかがでしょうか。

P9040014.jpg
完成した展示パネル

P9040021.jpg
タンチョウと肩を並べるSレンジャー

展示期間は9/5(土)〜9/27(日)、開催場所は釧路空港 3階(エスカレーター横)です。お立ち寄りの際はぜひご覧ください。
【記:田島】
posted by 野鳥保護区事業 at 09:56| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする