2019年12月24日

シマフクロウの給餌場に魚を追加しました。

12月3日、持田野鳥保護区シマフクロウ日高第1の管理作業を行ないました。
この日の作業は、生簀への計30sの魚の追加、シマフクロウ利用状況調査のためのカメラの調整、冬に向けた生簀の水の調整などです。

この日は強風で吹雪いている中での作業。
実際の気温より体感温度はかなり低い中で、寒さを痛感させられた作業でした。

給餌した日の夜。生簀への飛来状況を調査する無人カメラを確認すると、早速シマフクロウが来ていました。
どこからか作業を見ていたのでしょうか?
しっかりとヤマメを捕っていきました。

これからの繁殖期に向けて、しっかりと栄養をつけてほしいものです。

生簀.jpg
写真は日中の生簀の様子です。
posted by 野鳥保護区事業 at 15:35| シマフクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

今年度も標茶高校「自然ガイド」の授業を実施中

標茶高校の「自然ガイド」という授業では、高校生が冬にサンクチュアリでタンチョウのガイドを行うプログラムがあります。レンジャーも講師として関わっており、今年で5年目を迎えました。一昨年からは2年生の「自然ガイド入門」に加え、ガイドを一度経験している3年生への「自然ガイド応用」も開設されています。11月14日、16日に行った2回の授業の内容を紹介します。

1回目の授業では、はじめに、レンジャーが去年の授業の様子や野鳥の会について紹介しました。その後、タンチョウの知識を深めてもらう2つのプログラムを3年生が進行しました。
1つ目は「タンチョウの食べ物なぁに?」を実施。2年生からは、「タンチョウの食べる物の種類の多さに驚いた」「硬いものをすり潰すために砂利を食べる必要があることを学んだ」などの感想がありました。

IMG_4709.JPG
食べる物、食べない物などを丁寧に解説

2つ目は「タンチョウ今昔物語」という紙芝居を3年生が実演しました。「タンチョウが数を減らしたのも増加しているのも人間の行動によるものということが印象に残った」「身近にいるタンチョウを私たちが守らないといけないという使命感が湧いた」など、2年生はタンチョウの保護活動の歴史、人との関わりを知ることができたようです。

IMG_4718.JPG
紙芝居を熱演する3年生

2回目の授業では、地元の農家の方やタンチョウに関する施設をバスで回る野外実習を実施しました。標茶町の牧場の方には、敷地内へ侵入するタンチョウのこと、タンチョウへの想いを話してもらいました。生徒たちは多くの質問をしながら貴重な話に耳を傾けていました。標茶町から鶴居村への移動中は、刈り取り後のデントコーン畑にいるタンチョウの家族を観察。3年生にはタンチョウの特徴やこの時期の動きについて解説してもらいました。タンチョウによる農業被害についてはレンジャーが説明し、現状と諸問題について知ってもらいました。

IMG_5312.JPG
牧場内に侵入したタンチョウを観察

サンクチュアリに立ち寄った後は、阿寒国際ツルセンターの見学に行き、職員から館内の展示や飼育しているタンチョウの行動の解説を受けました。タンチョウに関わる様々な立場の方からのお話を通して、生徒たちは多くのことを学んでいました。

IMG_5355.JPG
解説を聞きながら熱心にメモをとる生徒たち

3回目の授業では、動画を見ながら3年生にタンチョウの求愛ダンスなどの行動を解説してもらいます。3年生には、去年の経験も踏まえ、2年生へのプログラムの進行や解説を授業の中で担当してもらっています。主体的に授業に関わっているため意識が高く、2年生にも良い刺激となっているようです。1月26日と2月29日のガイド本番が楽しみです。無料で行っていますので、興味のある方は、ぜひサンクチュアリへお越しください。
【記:田島】

posted by 野鳥保護区事業 at 22:47| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

JALの皆さんと冬期自然採食地の整備

17日に、日本航空株式会社(JAL)の社員ボランティアの皆さんと冬期自然採食地の整備に取り組みました。同社のCSR(社会貢献活動)の一環として2016年度以降毎年協力していただいており、今年で4年目となりました。地元の釧路以外にも、札幌や東京など遠方から総勢16名の社員の皆さんに、作業をお手伝いいただきました。

今年度の作業場所はタンチョウのねぐらとして有名な音羽橋の近くに位置する採食地で、これまで十数羽のタンチョウの利用が確認されている場所です。生い茂っている低木や藪を鎌やノコギリで刈り、タンチョウが牧草地から採食地内の排水路へ出入りしやすい空間を造りました。また、排水路内にかかる倒木をノコギリで枝払いをし、太い倒木はチェーンソーで伐り倒しロープで引っ張り上げた後に玉切りを行いました。

IMG_4936.JPG
倒木が除去されタンチョウが利用しやすい空間に

タンチョウのためにと熱い想いを持った皆さんの作業のおかげで開けた空間が完成し、既存の採食地を拡大することができました。冬に設置するタイマーカメラに、さらに多くのタンチョウの利用が確認できるか楽しみです。

IMG_4988_集合写真B.JPG
完成した採食地の中で記念撮影

ネイチャーセンターに戻った後は、作業の感想やタンチョウへの想いをメッセージカードに書いてもらいました。
以下にいくつかご紹介します。
「より自然に近い環境でタンチョウの個体数が増えていけるよう、採食地の整備に貢献できて良かった」「タンチョウが整備した採食地を餌場として選んでくれたら嬉しい」「人生で初めてタンチョウを見ることができ、想像以上の白さと大きさに感動した」

IMG_4998.JPG
皆さんの手にはたくさんのメッセージが

センターでの作業後は、ねぐらへと帰るタンチョウを見に出発。途中で村内の刈り取り後のデントコーン畑に集まるタンチョウの餌を食べる姿などを観察しました。幼鳥を連れた家族が目の前を通り過ぎる場面もあり、終始大盛り上がりでした。

IMG_4862.JPG
望遠鏡を使いデントコーン畑にいるタンチョウを観察

日の入り時刻にはタンチョウのねぐら場所である音羽橋へ移動し、上空を次々に飛ぶ群れを眺めました。天候にも恵まれ、ねぐらへと帰るタンチョウの優雅な姿に、皆さんは寒さを忘れるくらい感動していました。

IMG_5002.JPG
音羽橋でねぐらへ帰るタンチョウを待ちます

今後もタンチョウの魅力や保護の大切さを伝えると共に、冬期自然採食地の取り組みを通して、多くの方とタンチョウの保護活動を進めていきます。ご協力いただいたJALの皆さん、どうもありがとうございました。
【田島記】







posted by 野鳥保護区事業 at 14:26| タンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする